「アクリート」上場7月26日!IPO当選を狙うならきちんと準備を

「アクリート」上場IPO当選を狙うならきちんと準備を

 アクリート<4395.T>が7月26日に東証マザーズ市場に新規上場することになりました。公開価格770円から算出した時価総額は40億8100万円と小型のIPOとなりますが、企業向けSMS(ショートメッセージサービス)配信マーケットのリーディングカンパニーであることから業界内での知名度は高く、また、業績も右肩上がりとなっています。  さらに、公募株数と売出株数(オーバーアロットメントによる売出を含む)を合わせた株数が105万8000株と時価総額の規模に対して比較的多いことも注目されています。
アクリート IPO

アクリートとは?

アクリートのIPO情報

仮条件 690~770円 市場 東証マザーズ
公開価格 770円 主幹事 SMBC日興証券
単元株数 100株 売出株数 380,000株
公開株数合計 920,000株 公募株数 540000株
事業内容 個人認証、マーケティング、コミュニケーション等を目的とした企業から個人向けSMS(ショートメッセージ)配信サービス事業

アクリートのIPOスケジュール

仮条件決定日 2018年07月09日
ブックビルディングの期間 2018年07月10日 ~ 2018年07月17日
公募価格決定日 2018年07月18日
購入期間 2018年07月19日 ~ 2018年07月24日
上場日 2018年07月26日

公開価格770円で決定(2018年07月18日追記)

 アクリートは7月18日、新規株式公開(IPO)の公開価格を仮条件(690~770円)の上限である770円とすることを決定しました。これにより、同社の上場時の時価総額は40憶8100円、資金吸収額は最大で8億1466万円となります。

仮条件は690~770円で決定(2018年07月09日追記)

 アクリートは7月9日、新規株式公開(IPO)の仮条件を690~770円とすることを発表しました。10日から17日までがブックビルディング期間となり、公開価格は18日に決定されます。公開価格が仮条件の上限で決まった場合、上場時の時価総額は約40億8100万円となります。

アクリートとは?

 アクリートはITコンサルティングなどを手掛けるインディゴ(東京都世田谷区)の事業部門として行っていたSMS配信サービス事業を会社分割し、2014年5月に設立されました。インディゴ時代を含め03年よりSMS配信サービスを提供し、10年からは法人向けSMS配信事業を他社に先駆けて開始した「日本におけるSMS配信事業のパイオニア企業」であり、また、「企業向けSMS配信マーケットのリーディングカンパニー」です。主に企業から個人向けのSMS配信を代行するサービスを直接販売するほか、販社・代理店やSMSアグリゲーター(グローバルに多くの企業のSMS配信需要を取りまとめて大量の配信を行う企業)経由で提供しています。

 SMSとは、電話番号を宛先にして短いメッセージを送受信できるサービスで、Facebookなどの2要素認証などでも利用されています。近年では、電話(音声電話)の不通率が高いことや、郵便・Eメール・FAXなどの通信手段の即時性・閲覧率の低下などで企業から個人へのコンタクトが難しくなっています。こうしたなか、SMSは携帯電話を保有する全ての人に対して個人が特定されている携帯電話番号へ送信することが可能であることや、変更されにくく一般的に即時閲覧率が高い通信手段であることから、企業がさまざな用途に利用を進めており、リクルートホールディングス<6098.T>、トランスコスモス<9715.T>、TIS<3626.T>、ミクシィ<2121.T>、KDDI<9433.T>、楽天<4755.T>、東京電力ホールディングス<9501.T>、ディー・エヌ・エー<2432.T>、ローソン<2651.T>などが同社の顧客となっています。
 また、同社のSMS配信サービスの特徴としては、以下のようなものがあります。
  • ●携帯電話事業者との直接接続による国内正規ルートによる配信
  • ●大量かつ安定した配信を行うことができる大規模配信プラットフォーム
  • ●直感的に利用できる高機能かつユーザーフレンドリーなウェブ管理画面
  • ●豊富な導入実績と経験に基づくSMSに関するさまざまなノウハウ
  • ●第三者機関からの認証取得による安心のセキュリティー体制
 さらに、SMS配信サービスとしては、単純な企業から個人への一方向の配信だけではなく、個人からの返信が可能な双方向サービスや、電話自動対応により顧客の目的ごとに異なるSMS配信を行うIVRサービス(コールセンターなどで利用する自動音声応答サービス)も展開しています。

アクリートのIPOの申込みにおすすめな証券会社を紹介!口座開設はお早めに

IPO投資では多くの証券会社から応募して当選確率アップ!

 アクリートのIPOに申込可能な証券口座を用意しましょう。口座開設の申請をしてから取引可能となるまで数日かかる場合がありますので、早めの準備が重要です。

 IPOの当選確率はかなり低く、1年間全てのIPOに応募しても1度も当選しないということも珍しくありません。
そんなIPOでも、複数の証券会社を利用して抽選回数を多くし、当選確率を上げることができます。ここではアクリートのIPOに申し込み可能な、当サイト厳選証券会社を紹介します。

  • IPOの取扱い銘柄数がトップ水準。主幹事証券を務めることも多く店頭・ネットの両方での取り扱いがあります。ネットに割り当てられる配分は10%ですが、資金量に左右されない平等抽選です。
    幹事数(2017年) 主幹事数(2017年)
    抽選方式
    公式ページ
    74社 15社 100% 平等抽選
  • 主幹事証券を務めたIPO銘柄は平均して公募価格より2倍以上で寄り付き。初値売りのトータル利益は約176万円。
    幹事数(2017年) 主幹事数(2017年)
    抽選方式
    公式ページ
    85社 8社 70% 抽選:30% IPOチャレンジポイント
  • 主幹事でなくとも割り当て本数は比較的多く, 2番手証券として有望。立会外分売も頻繁に取扱い。
    幹事数(2017年) 主幹事数(2017年)
    抽選方式
    公式ページ
    46社 1社 100% 平等抽選

アクリートの業績・今後の展望

アクリートの業績

 アクリートの17年12月期連結業績は、売上高9億4900万円(前の期比2.7倍)、経常利益1億7100万円(同4.4倍)でした。国内外でSMS配信サービスの利用が拡大し、配信数が2億5100万通(同4.4倍)と大幅に増加したことが業績を牽引しました。
 また、18年12月期第1四半期は売上高3億2400万円、経常利益4500万円でした。コインチェック不正流出事件などの影響で個人認証への関心が高まっていることを背景にSMS配信サービスの利用は引き続き増加傾向にあります。

アクリートの今後の展望

 SMS配信サービスの認知度の上昇や企業と個人とのコミュニケーション手段としてのSMSの有用性の再認識、個人認証への関心の高まりなどを背景に、今後もSMS配信サービスの利用拡大が見込まれています。そのため、同社では上場に伴う調達資金で、SMS配信サービス事業強化のためのソフトウェア開発などを図る方針で、これを背景にした業績拡大に期待が持てそうです。

アクリート の IPO株を手に入れるには

アクリートのIPOに申し込むための流れと、当選確率を上げるためのポイントを見ていきましょう。
抽選が受けるための申し込み期間を「ブックビルディング期間(BB期間)」と呼び、この期間中に口座開設されていないと申し込みができません。口座開設するには何日か日数を要することが多いので、なるべく早めに証券会社で口座開設しておきましょう。みんかぶで紹介しているネット証券はもちろん口座開設は無料です。IPO取り扱い実績の多い証券会社の口座を幾つか持っておくと良いでしょう。

1証券会社へ申込む

必ずアクリートの株を取り扱っている証券会社に申込みます。
当選を狙うには申込みの際の「申込金額」は上限額で申込みましょう。

2公募価格決定

ここで決定された価格で新規公開される株を購入することができます。

主幹事証券会社に申込んで当選確率アップ!

主幹事証券会社と証券会社
IPOの当選を狙うなら主幹事証券会社で申し込む方が断然有利です。主幹事証券会社は上場株の7~8割を引き受けることが多いため、主幹事証券でIPOを申し込むと当然、当選確率も上がります。

3抽選

証券会社によって抽選方法が異なります。証券会社によっては抽選日までに申し込んだ金額を入れておく必要があるのでよく確認しましょう。

抽選ルールが公平な証券会社 (≒ ネット証券)がおすすめ

「主幹事証券会社が良い」とは言え, IPOの抽せん方法は証券会社によって全然違います。 「お得意様優先」の証券会社では今から口座を持っても当選は難しいと思います。
個人投資家に公平なIPO抽せんをしてくれる証券会社を選ぶことが重要です。オススメはネット証券。 「公平なIPO抽選方法 + 口座開設が簡単早い」がポイント!

4当選、購入

めでたく当選したら、購入の注文をして株式を手に入れます。

しかし当選が難しいIPO、確率を上げるため複数証券会社から申込もう

アクリートのIPOを手に入れる確率を上げるなら外せない方法です。 複数の証券口座を持ち、複数の口座からIPOに応募し抽選してもらう。
「ヘタな鉄砲も数撃ちゃ当たる」作戦。たくさん応募すればそれだけ当選確率は上がります。

アクリートの企業情報

会社名 アクリート
会社住所 154-0004 東京都世田谷区太子堂1-12-39
設立日 2014年05月01日
代表者 伊藤彰浩
公式サイト https://www.accrete-inc.com/

みんかぶIPO特集ページ

企業名 上場日 コメント 特集ページ
株式会社MTG 2018/7/10 SIXPADやReFa等の美容機器やフィットネス機器などの企画開発・製造販売を行う企業。

詳しく見る

株式会社メルカリ 2018/6/19 日本でダントツの規模を誇るフリマアプリを運営。2017年12月に世界1億ダウンロードを突破した。

詳しく見る

SGホールディングス株式会社(佐川急便) 2017/12/13 言わずと知れた配送大手企業。時価総額は3000億円規模!?知名度が高い大型株です。

詳しく見る

株式会社力の源ホールディングス(一風堂) 2017/3/21 2008年に海外進出も果たし、今では国内外に多くの店舗を持ち、知名度も高いラーメンブランド。

詳しく見る

株式会社フィル・カンパニー 2016/11/18 「空中店舗フィル・パーク」という新しい土地活用方法を提案し成長しているフィル・カンパニー。

詳しく見る

九州旅客鉄道株式会社(JR九州) 2016/10/25 JR九州は元国営企業で、鉄道を中心に不動産や旅行・広告など26の事業を展開する企業。

詳しく見る

LINE株式会社 2016/7/15 「LINE (ライン) 」、「NAVERまとめ」、「livedoor」などを運営するSNSサービスの大手です。

詳しく見る

日本郵政株式会社 2015/11/4 24,000以上ある郵便局を有し、傘下の「日本郵便株式会社」の郵便事業などの金融窓口事業をしています。

詳しく見る

株式会社ゆうちょ銀行 2015/11/4 貯金残高は約177兆(2015年3月末)、日本最大の預金額がある金融機関です。

詳しく見る

株式会社かんぽ生命保険 2015/11/4 保有契約件数1,350万件、契約金額39兆(いずれも2014年度末)を誇る世界最大規模の生命保険会社です。

詳しく見る

※本調査については、2018年7月18日時点のものになります。
※本ランキングは実際の取引画面などの調査から個人投資家へのアンケートなど多面的な調査・アンケートに基づいておりますが、必ずしもサービスの内容を保証するものではございません。


ページTOPへ