スナップアップ投資顧問さんのブログ一覧(2022年12月)

全42件 | 1~20件を表示 | 
  • ブログ

    年明けの相場展望【12月30日(金)】

    大納会30日の国内株式市場で日経平均株価は横ばい。大引けは前営業日比0円83銭高の2万6,094円50銭で終えました。米国株は長期金利の低下を好感して大幅高。これを受けて、寄り付きは200円近い上昇となりました。しかし、【6920】レーザーテックや【8035】東京エレクトロンなど大型半導体株が買い先行から早々に失速したことから、全体もすぐに頭打ち感が出てきて失速しました。その後は、上げ幅を縮めては ...続きを読む
  • ブログ

    米国株の大幅高を受け3営業日ぶり反発!【12月29日(木)】

    3営業日ぶり反発。前引けは74円高の2万6,168円。米国株の大幅高を受けて、200円近く上げて始まりました。しかし、寄り付き直後を高値に上値の重い展開。ナスダックが強かった割には、レーザーテックや東京エレクトロンなど主力グロース株の動きがさえなかったことから、全体でも押し目買い意欲が大きく後退しました。高く始まった後は値を消す流れが続き、10時台半ばには上げ幅を一桁に縮小。ただ、マイナス圏入りは ...続きを読む
  • ブログ

    明日の相場展望【12月29日(木)】

    29日の国内株式市場で日経平均株価は続落。大引けは前営業日比246円83銭安の2万6,093円67銭で終えました。米株安や中国での新型コロナの感染拡大が嫌気され軟調な展開で、特にナスダック総合の下落を受け値がさ株やハイテク株の下げが目立ちました。2万6,000円を割り込まずに年を越せるかどうかといった状況がしばらく続いていたなか、米国株が弱く、持ちこたえられませんでした。売り込まれていた不動産株が ...続きを読む
  • ブログ

    米ハイテク株安を受け投資家心理が悪化!【12月29日(木)】

    29日前場の国内株式市場で日経平均株価は大幅続落。前引けは前営業日比341円74銭安の2万5,998円76銭で終えました。本日前場は、朝方からリスク回避目的の売りが優勢となりました。前日の米国株市場では米長期金利の上昇を嫌気してハイテク株や景気敏感株などが幅広く売られ、ナスダック総合株価指数は年初来安値を更新しました。これを受けて株式市場のセンチメントが弱気に傾いています。日経平均株価は配当権利落 ...続きを読む
  • ブログ

    明日の相場展望【12月28日(水)】

    28日の国内株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反落。大引けは前営業日比107円37銭安の2万6,340円50銭で終えました。前日の米国市場では、長期金利が上昇したことや、中国の上海工場の減産が長期化するとの思惑からEV大手のテスラが11%安と急落したほか、iPhone供給をめぐる懸念から米アップルも2021年6月以来の安値を記録したことも響き、ナスダック指数やSOX指数が下落しました。これを映 ...続きを読む
  • ブログ

    米ハイテク株安でグロース株に売り優勢!【12月28日(水)】

    28日前場の国内株式市場で日経平均株価は反落。前引けは前営業日比156円91銭安の2万6,290円96銭で終えました。本日前場は、リスク回避目的の売りがかさみ、日経平均株価は反落となりました。前日の米国株市場で半導体関連などハイテク株が売られたことを受け、主力どころを中心に見送りムードが強まりました。外国為替市場ではドルが買われ、1ドル=134円近くまで円安が進んだことはポジティブ材料ですが、輸出 ...続きを読む
  • ブログ

    明日の相場展望【12月27日(火)】

    27日の国内株式市場で日経平均株価は続伸。大引けは前営業日比42円00銭高の2万6,447円87銭で終えました。米株先物が堅調に推移していたため、休み明けの米国市場の値上がりを見越して、買いが先行したほか、短期筋による先物買いも入りました。また、中国政府が26日、入国時の隔離義務を来年1月8日に解除すると発表したことで、中国経済の回復への思惑からコンビニや百貨店など小売株に投資資金がシフトしました ...続きを読む
  • ブログ

    米株価指数先物が堅調に推移し続伸!【12月27日(火)】

    27日前場の国内株式市場で日経平均株価は続伸。前引けは前営業日比137円60銭高の2万6,543円47銭で終えました。本日前場は、強弱観対立のなかも、日経平均株価は上値を指向する展開。2万6,000円台後半は戻り売り圧力が強く上げ幅は限られているものの、終始プラス圏で推移しました。前日の欧米株市場が休場ということもあり、手掛かり材料難が意識される状況ながら、消費関連株を中心に個別株物色意欲は旺盛。 ...続きを読む
  • ブログ

    明日の相場展望【12月26日(月)】

    26日の国内株式市場で日経平均株価は反発。大引けは前週末比170円62銭高の2万6,405円87銭で終えました。テクニカル指標は「売られ過ぎ」ですが、状況を見ると「買い出動できない」といった様相も窺えます。円高に転換しており、輸出企業の採算悪化で企業業績に不安が生じました。輸出が企業の想定レートは1ドル=130円。来年にも日銀の第2波の事実上の利上げが予想され、予想為替110~120円とみます。中 ...続きを読む
  • ブログ

    大幅下落で自律反発を見込んだ買い優勢!【12月26日(月)】

    26日前場の国内株式市場で日経平均株価は反発。前引けは前週末比134円52銭高の2万6,369円77銭で終えました。本日前場は、前週末の米株高を受けて、半導体関連など主力ハイテク株などを中心に買い戻しの動きが優勢となりました。但し、上値を積極的に買い進む動きも見られません。本日は香港などをはじめアジア株市場の一角や、米国や欧州株式市場が休場となることで海外投資家の参戦も限られており、商いも盛り上が ...続きを読む
  • ブログ

    来週の相場展望【12月23日(金)】

    23日の国内株式市場で日経平均株価は反落。大引けは前営業日比272円62銭安の2万6,235円25銭で終えました。来週の国内株式市場は、値固めの展開と想定します。前日の米国株市場は、新規失業保険申請件数が小幅悪化にとどまったほか、7-9月期のGDP(国内総生産)確定値が上方修正され、米国経済の底堅さを印象付ける格好となりました。米株安を受けた海外ファンドなどの短期筋が先物売りを仕掛けたことで、日経 ...続きを読む
  • ブログ

    海外短期筋から先物への売りが膨らむ!【12月23日(金)】

    23日前場の国内株式市場で日経平均株価は反落。前引けは前営業日比297円18銭安の2万6,210円69銭で終えました。本日前場は、前日の米国市場でNYダウは348ドル安と下落したことが嫌気されました。マイクロン・テクノロジー<MU>の決算がさえず半導体株などハイテク株を中心に値を下げました。これを受け、国内株式市場も売りが先行する展開となり、日経平均株価の下落幅は一時400円を超えました。半導体関 ...続きを読む
  • ブログ

    明日の相場展望【12月22日(木)】

    22日の国内株式市場で日経平均株価は6営業日ぶりに反発。大引けは前営業日比120円15銭高の2万6,507円87銭で終えました。証券関係者からは「日銀の政策修正サプライズも1日半が経過し、為替も落ち着きを取り戻しているため、日銀ショックの売りも峠を越えた」との指摘が聞かれ、自律反発を狙った動きもみられた模様です。日経平均株価はひとまずは反発する形にはなりましたが、前日までの下落幅に対する戻りとして ...続きを読む
  • ブログ

    日銀金融政策の警戒から上値は限定的!【12月22日(木)】

    22日前場の国内株式市場で日経平均株価は反発。前引けは前営業日比104円94銭高の2万6,492円66銭で終えました。本日前場は、NYダウが526ドル高と続伸。米国株が上昇した流れを受け、国内株式市場も買いが優勢となりました。前日まで日経平均株価は5営業日続落し、この間に1,700円強下落したこともあり、値頃感からの買いも流入しました。主力ハイテク株や自動車株などが見直し買いでしっかり。但し、2万 ...続きを読む
  • ブログ

    明日の相場展望【12月21日(水)】

    21日の国内株式市場で日経平均株価は5営業日続落。大引けは前営業日比180円31銭安の2万6,387円72銭で終えました。本日の国内株式市場は日銀ショックの余波が続いた形となりました。但し、日銀の政策修正が今後も続くとは想定しがたく、証券関係者からは「今後のポイントはYCC(イールドカーブ・コントロール)のさらなる修正というよりは、マイナス金利の撤廃時期に移ってくる」とみる向きが多く、日銀の次の一 ...続きを読む
  • ブログ

    日銀金融政策会合後の株安の流れが続く!【12月21日(水)】

    21日前場の国内株式市場で日経平均株価は続落。前引けは前営業日比59円30銭安の2万6,508円73銭で終えました。本日前場は、日銀の金融政策修正を受け、相場が急落した昨日の地合いを引き継ぎ、本日も下げ基調となり一時、日経平均株価は200円を超す下落となる場面がありました。但し、売り一巡後は下値に買いが入り下げ渋り、一時プラス圏に浮上しました。昨日のニューヨーク市場で一時1ドル=130円50銭台ま ...続きを読む
  • ブログ

    明日の相場展望【12月20日(火)】

    20日の国内株式市場で日経平均株価は大幅に4営業日続落。大引けは前営業日比669円61銭安の2万6,568円03銭で終えました。金融政策決定会合の結果が伝わると、ランチタイムで先物が大きく売られ、リスク回避の動きにつながりました。これまで、現行の金融政策が維持されると大方の投資家が考えていただけに、意外感が強く、日銀ショックに見舞われる形になりました。関係者からは「市場との事前の対話がなく、唐突な ...続きを読む
  • ブログ

    相場下落を受けて自律反発狙いの買い!【12月20日(火)】

    20日前場の国内株式市場で日経平均株価は反発。前引けは前営業日比77円90銭高の2万7,315円54銭で終えました。本日前場は、前日の米株式市場は下落しましたが、日経平均株価は前日までの3営業日間で900円を超す下落となっていたことから、自律反発狙いの買いが流入している様子です。為替相場は1ドル=137円20銭前後へ円安が進行しています。業種別では海運、保険、鉱業などが上昇している一方、サービス、 ...続きを読む
  • ブログ

    明日の相場展望【12月19日(月)】

    19日の国内株式市場で日経平均株価は3営業日続落。大引けは前週末比289円48銭安の2万7,237円64銭で終えました。海外投資家は今週からクリスマス休暇に入るところが多く、短期筋などの先物売りが本日の相場を押し下げたとの見方が多くなっています。但し、投資家の関心が世界的な景気動向に移っているだけに、年内最後となる米国の景気指標には注目が集まると想定します。今週は、個人消費支出(PCE)物価統計な ...続きを読む
  • ブログ

    米景気後退懸念が重しで値がさ株売り!【12月19日(月)】

    19日前場の国内株式市場で日経平均株価は続落。前引けは前週末比305円83銭安の2万7,221円29銭で終えました。前週末16日のNYダウは、米金融引き締めに対する警戒感や景気後退懸念を背景に281ドル安となりました。この流れを受け、本日前場も軟調な値動きが続きました。日経平均株価は、一時2万7,100円台に下落しました。半導体関連などハイテク株や自動車株が軟調。2%の物価上昇目標の達成時期などの ...続きを読む
全42件 | 1~20件を表示 |