ドリーミー✩キャッツさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ12件目 / 全379件次へ »
ブログ

本日の成績 & マーケット動向




利食い益 45,615 円 損失金額 0 円 

含み評価損益 -1,312,966 円 ⇒ -1,388,299

資産合計増減、前日比 -38,490

 

持ち越し売建て、2銘柄。

買埋利食い1銘柄1約定。

 

少し流れ変わった?

損切りは明日以降に。

メインの出来高落ない。

ほか1は、ペラペラの板で上げ。。。

 

158101781815810

175401749017451



 17日後場の日経平均株価は前日比113円77銭高の2万4066円12銭と反発。13日の年初来高値(終値2万4023円10銭)を更新した。朝方は、買いが先行した。世界経済の改善期待を背景に16日の米主要3株価指数が最高値を更新した流れを受け、2万4091円12銭(前日比138円77銭高)と高く寄り付いた。利益確定売りに伸び悩む場面もあったが、一巡後は持ち直した。中国・上海総合指数や香港ハンセン指数の上げ基調を支えに、大引け間際には前場高値に最も接近した。

 東証1部の出来高は12億8990万株、売買代金は2兆1718億円。騰落銘柄数は値上がり1499銘柄、値下がり546銘柄、変わらず112銘柄。

 市場からは「海外市場の動向が朝方の日本株の動きを決め、日中はさほど動かない。引っ張る材料が出尽くし、外国人投資家も次第にクリスマス休暇入りとなり、相場の動きが一段と鈍くなる可能性がある」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、国際帝石、石油資源などの鉱業株が堅調。HOYA、オリンパスなどの精密株や、商船三井、川崎汽などの海運株も高い。アステラス薬、大日住薬などの医薬品株や、中部電力、東ガスなどの電気ガス株も買われた。JXTG、出光興産などの石油石炭製品株も値を上げた。

 半面、日本製鉄、神戸鋼などの鉄鋼株が軟調。ブリヂス、TOYOなどのゴム製品株や、東レ、グンゼなどの繊維製品株も安い。NTN、住友重などの機械株も値を下げた。

 個別では、MSOL、長野計器、ボルテージがストップ高となり、ヤーマン、システムサポなどの上げも目立った。半面、プレサンスがストップ安となり、新日科学、ブラス、内田洋行、電通などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、27業種が上昇した。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
提供:モーニングスター社 (2019-12-17 15:22)より


コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。