• ポイント
    ---
  • 合計ポイント
    ---
  • ポートフォリオ平均
    ---
  • ポートフォリオ合計
    ---
  • リスペクト
    ---
  • アクセス
    ---

高野 やすのり(FXプライムbyGMO)さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ77件目 / 全2072件次へ »
ブログ

次期FRB議長を巡る報道で米金利上昇、ドル買い

昨日の海外時間には、「テーラー・スタンフォード大学教授がトランプ米大統領に次期FRB議長として好印象を与えた」と報じられたことから米長期金利が上昇しドル買いが強まりました。

欧州時間序盤、日経平均先物がやや下落したことから円買いが強まってドル円が111.60円台まで下落した一方、週末のオーストリア下院選挙で、極右政党が政権する見通しとなったことなどからユーロ売りが先行し、ユーロドルは1.1780付近まで、ユーロ円は131.60円台まで下落しました。その後日経平均先物が下げ止まるとドル円はもみ合いになりましたが、米長期金利が低下すると対ユーロでのドル売りが優勢となって、ユーロドルは1.1860台まで、ユーロ円も132.00円台まで反発しました。

NY時間にはいって発表された米・10月NY連銀製造業景気指数が予想よりも良い結果でしたが、為替相場に与えた影響は非常に限定的なものでした。その後、特段の材料はなかったものの、原油相場と日経平均先物が下落したことから円買いが優勢となって、ドル円は111.60円台までユーロ円も131.70円台まで下落しました。

NY時間午後にはいって「テーラー・スタンフォード大学教授がトランプ米大統領に次期FRB議長として好印象を与えた」と報じられると、米長期金利が上昇しドル買いが優勢となって、ドル円は112.20円台まで上昇し、ユーロドルは1.1780台まで下落しました。

NY時間引けにかけては、ユーロが再び売られ、ユーロドルは1.1810付近まで、ユーロ円は132.10円台まで下落しました。

東京時間午前は、序盤に上昇した日経平均が反落して円買いが強まっています。

FF金利先物市場の年内のFOMC追加利上げ織り込み度合いは約93%に急上昇し、2018年6月までの2回目の利上げも約64%と上昇しています。

今日の海外時間には英・9月生産者/消費者/小売物価指数、独/ユーロ圏・10月ZEW、米・9月鉱工業生産/設備稼働率、米・8月対米証券投資収支の発表があるほか、ハーカー・米フィラデルフィア連銀総裁の講演予定されています。


10月25日(水) 【オンラインセミナー】
「負けないためのFXテクニカル分析」~チャート分析から取引戦略へ Part1
⇒ https://www.fxprime.com/seminar/summary/e171025.html

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。