株式投資 初心者入門講座実践しながら学ぶ

32.外国人投資家とは

ひとこと解説
  • 外国人の売買シェアは東証の約6割を握る(例、年金基金、投資信託、保険会社、ヘッジファンドなど)
詳しく解説
 外国人投資家とは、現在日本の取引市場で最も影響力を持った勢力となっています。この外国人投資の東証全体の売買代金全体に占める14年6月の売買シェアは60.5%です。

出所:東京証券取引所14年6月の投資部門別売買状況
 このため、投資を行うのにあたって外国人投資家の動向に注目が集まっています。この外国人投資家は、海外の年金基金、投資信託、保険会社、ヘッジファンドなどと言われており、主な投資目的はキャピタルゲインを狙った短期の取引が傾向として強いようです。

 実際に外国人投資家が売り越した、買い越したなどのニュースは日経平均株価などにも大きく影響します。この売買動向について、みんかぶの株式経済新聞でも毎朝8時30分ごろに「寄り付き前の外資系証券の売買動向」を配信しています。
関連キーワード
外国人投資家
32.外国人投資家とは
»

口座を準備しよう!おすすめネット証券会社特集

株式投資をするにはまず取引を行う証券会社の口座を開設する必要があります。初心者としては証券会社選びも一苦労ですよね。あなたの投資スタイルや取引額にあわせた証券会社を選ぶことで、手数料がお得になったり、スムーズに取引ができたりと様々なメリットがあるのです。
初心者におすすめの証券会社をピックアップしましたので、初心者に嬉しいポイントとともにいくつかご紹介します。

  • 人気・総合力NO.1!SBI証券
    SBI証券のチャート
    初心者おすすめポイント
  • 万全のサポート体制!カブドットコム証券
    カブドットコム証券のチャート
    初心者おすすめポイント
  • 手数料で選ぶなら!ライブスター証券
    ライブスター証券のチャート
    初心者おすすめポイント