株式投資 初心者入門講座実践しながら学ぶ

13.出来高とは

ひとこと解説
詳しく解説
 出来高とは、株式の売買が成立した株数のことをいいます。この出来高とは、その株式の人気度を示しており、売買を行う際の参考となります。一般的に人気の高い銘柄は出来高ベースで見た場合、東証1部に名を連ねているものが多くなっています。

出典:SBI証券ホームページ

 たとえば、みずほフィナンシャルグループ(8411)の場合、1日およそ1,000万株程度の売買があります。このように出来高はその会社の人気度を示しており、多くの場合売買の参考にされています。
出来高ベースでよく上位にランクインする銘柄について、以下の表にまとめました。
コード銘柄
8411みずほフィナンシャルグループ
6753シャープ
8515アイフル
1821三井住友建設
3103ユニチカ
5202日本板硝子
8306三菱UFJフィナンシャルグループ
※ユニチカについては債務超過のリスクが高いため、売買推奨はしません。

 出来高について、東証1部の銘柄が多い傾向ですが、出来高が急増するケースがあります。それは①会社の業績が前年よりも良かった場合や、②会社の不正や業績悪化が明らかになった場合、③何らかの思惑、④仕手株など、いくつかの理由がありますので売買を行うときは注意して見てみてください。
関連キーワード
出来高”,”売買代金
13.出来高とは

初心者におすすめネット証券特集

こだわり条件で証券会社を選ぶ

株式投資を始めるにはまず証券会社に口座開設が必要です。 証券会社によって取扱商品や手数料、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でネット証券を選んでみましょう。

 こだわるポイントは?
\  それでも迷ったら総合評価 /
ネット証券比較 総合ランキング