マネックス証券の手数料

(注:2016年10月31日に作成した記事を再編集したものです。)
ひとこと解説
詳しく解説

マネックス証券 の手数料は「取引毎手数料コース」と「1日定額コース」の2種類があります。ちなみにコースと取引金額によって手数料は変わります。

取引毎手数料コース
現物取引※税別
10万円以下 100円
20万円以下 180円
30万円以下 250円
40万円以下 350円
50万円以下 450円
100万円以下 成行注文1,000円 / 指値注文1,500円
100万円超 成行注文が約定金額の0.1% / 指値注文は約定金額の0.15%

また、携帯電話手数料という手数料形態が別にありますが、最近のスマートフォンではなく、いわゆるガラケーといわれる携帯電話で適用されるようです。 その際は約定金額50万円を超えての指値注文であっても、手数料は約定金額の0.1%となります。

スマートフォンでは携帯電話ではなくパソコン扱いになるので注意して下さい。

1日定額コース

1日定額コースとしては1日の約定金額の合計をもとに手数料を計算するコースです。
1日何回取引しても2,500円(税別)です
約定金額が300万円を超えると300万円ごとに2,500円(税別)がかかります。
約定金額300万円ごとの2,500円税別の手数料をボックスといいますが、 このボックス取引が月間で21回以上から手数料は2,250円(税別)となり、 121回以上から1,650円(税別)となります。 現物取引、信用取引とも同じ手数料です。 また、日計り決済した取引分は翌日にマネックスポイントとして還元されますので実質無料になります。

その他、マネックス証券では米国株、FX、先物・オプション、マネックス・ゴールド、クリック株365などの様々な商品があります。 国内株の現物・信用取引に比べ、リターンを求められる可能性はありますが、その分リスクも高くなりますので注意して下さい。

なお、マネックス証券を含めたネット証券の最新手数料はこちらのページで閲覧できます。

初心者におすすめネット証券特集

こだわり条件で証券会社を選ぶ

株式投資を始めるにはまず証券会社に口座開設が必要です。 証券会社によって取扱商品や手数料、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でネット証券を選んでみましょう。

 こだわるポイントは?
\  それでも迷ったら総合評価 /
ネット証券比較 総合ランキング