【円安メリット】関連銘柄

1~15件 / 全336件

円安メリット

平均株価変動率+0.2%
「円安メリット」は、株式市場で考える場合、まず自動車、電機、精密機器、機械など主力の輸出企業にとって収益拡大要因と判断する。例えば、1ドル=90円から1ドル=100円へと対ドルで10円分の円安・ドル高が進行した場合、従来1個1ドル(90円)で海外で販売していた同じものが、1ドル(100円)で売れるようになり、円換算することで、売上高、利益の手取りが増加し、利益水準が上昇することになる。また、手取りが増加したことで、値下げの余地も出て価格競争力の向上も期待できる。
関連カテゴリ貿易
« 前へ 1 3 4 5 6 7 23
コード銘柄名称株価前日比関連度
7011 三菱重工業 417.8 (12:49) -1.8 (-0.43%)
7012 川崎重工業 325.0 (12:47) +1.0 (+0.31%)
7013 IHI 354.0 (12:49) +2.0 (+0.57%)
7203 トヨタ自動車 6,152.0 (12:49) -11.0 (-0.18%)
7261 マツダ 1,595.5 (12:47) +2.0 (+0.13%)
7270 SUBARU 3,871.0 (12:48) +12.0 (+0.31%)
9022 JR東海 18,100.0 (12:49) -115.0 (-0.63%)
9062 日本通運 754.0 (12:47) -6.0 (-0.79%)
9843 ニトリHD 16,030.0 (12:48) -40.0 (-0.25%)
1377 サカタのタネ 3,425.0 (12:49) -20.0 (-0.58%)
1963 日揮 1,740.0 (12:49) -7.0 (-0.40%)
2282 日本ハム 3,185.0 (12:49) -15.0 (-0.47%)
4902 コニカミノルタ 881.0 (12:49) +2.0 (+0.23%)
4989 イハラケミカル工業 977.0 (04/25) -14.0 (-1.41%)
4997 日本農薬 611.0 (12:49) -2.0 (-0.33%)
« 前へ 1 3 4 5 6 7 23