ニュース

◎〔シカゴ大豆〕反発=新規の輸出需要やショートカバーで(13日)

 反発。新規の輸出需要や一連のテクニカルな買い、ショートカバーに支えられた。
 11月きりの清算値は10.00セント高の960.50セント。
 米農務省によると、民間輸出業者が同国産大豆16万7370トンをメキシコ向け2017〜18年度渡しで売却した。
 一方、12日公表の農務省需給報告で示された、同国産大豆収穫量が過去最高の44億3100万ブッシェル、平均単収もエーカー当たり49.9ブッシェルで予想を上回ったとの見通しが、上値を重くした。(ロイターES時事)
[時事通信社]
配信元:時事通信