ニュース

◎〔NY金〕3日続落(13日)

 【ニューヨーク時事】13日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、外国為替市場でドル高・ユーロ安が進行し、割高感などから売りが出て3日続落した。中心限月12月きりの清算値は前日比4.70ドル(0.35%)安の1オンス=1328.00ドルとなった。
 この日の外国為替市場では早朝からドル高・ユーロ安が進み、ドル建てで取引される金塊などの商品に割高感が生じたことから、金が売られた。また、利益確定の売りが出たことも相場を下押しする要因となった。
 ただ、北朝鮮をめぐる地政学的リスクなどが依然くすぶっていることから、下値は限定的だった。来週には米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えており、市場関係者は翌14日公表の米消費者物価指数(CPI)に注目している。
 金塊現物相場は午後1時45分現在、4.840ドル安の1323.935ドル。(了)
[時事通信社]
配信元:時事通信