ニュース

株価は下落トレンドに転換。底打ちはいくら?【2017/09/011-09/15】

機械的にリバウンド狙いか戻り売りを

日経平均株価は9月8日金曜日、1万9,274.82円で取引を終えました。
前回「株価は新トレンドが発生してリバウンド上昇中だが、リバウンドの域を抜けられるかどうかは今判断できない」と解説しました。
北朝鮮が9月3日に核実験を行い、弾道ミサイル発射に続いて地政学リスクが高まりました。ただ、株価は想定レンジ程度で動いた一週間でした。

米国の株式市場も地政学リスクを嫌気したのか、軟調な一週間でした。
ドル円相場では円買いが進み、短期的に底割れしました。

気になるのは、日経平均株価の今後の動きです。

株価チャートを見る限りでは、株価は再び短期トレンドに転換し、8月29日につけた安値1万9,280.02円を割り込みました。
短期的なレンジの上値は1万9,800円、下値は1万9,000円、それぞれプラスマイナス150円とします。
地政学リスクの高まりという不測の事態が発生し、株価はこれを嫌気したのか、リバウンドの域を抜けられませんでした。
外部要因次第で短期でトレンドは変化しますから、トレンドに合わせた売買戦略を立てる必要があります。
リスク低減のためには、機械的にリバウンド狙いか戻り売りに徹しましょう。新トレンドの発生でフォロー戦略でも遅くはないでしょう。

F2966b44c

横山利香 (よこやまりか)

認定テクニカルアナリスト(CFTe)
配信元:達人の予想