◎〔マレーシア・パーム油〕上伸=輸出増加見通し(19日)

5/20 08:39
 19日のマレーシア市場のパーム油先物相場は、前日のシカゴ大豆油相場の下落になびいて序盤に売りが先行した後、輸出需要の増加見通しを背景に上昇に転じた。8月きりの清算値は0.3%高の1トン=2635リンギ(約609.95ドル)。週間では0.6%安と、3週ぶりに下落した。
 市場では、調理用のパーム油使用が増えるラマダン(イスラム教の断食月)を控えた輸出の増加が相場を支えるとみられている。(ロイターES時事)
[時事通信社]
時事通信