◎〔シカゴ・トウモロコシ〕反発=天候懸念(19日)

5/20 08:02
 反発。週末を控え、米中西部の低温多湿を受け、ショートポジションを手じまう動きが出た。
 7月きりの清算値は6.50セント高の372.50セント。一時、11日以来の高値となる373.00セントを付けた。週間では0.4%高。
 米中西部東域やデルタ地帯では土壌が水分過多となっており、今週末も降雨がある見通し。このため、トウモロコシの作付けや植え直し、発芽が滞る恐れがある。(ロイターES時事)
[時事通信社]
時事通信