方向感定まらず

5/19 15:57

底入れ判断できず

事態はまだ流動的です。
底入れの判断をするわけにはいきません。

昨晩のダウ輸送株、米10年利回り、いずれも、前日の大陰線の実体部分の半分も戻せていないわけですから、底入れとは言えません。

もしかしたら後日これが底だったということになるかもしれませんが、その判断をするのはまだ早計です。

週末ということもあって、下げ続けてきた景気敏感(シクリカル)系銘柄には買戻しも入っていますが、いずれも微弱です。とても安値拾いなどできません。

逆に、この間、強かったディフェンシブ銘柄には利益確定も若干入っていたようですが、かといってトレンドが崩れたわけではありません。

戦略方針変更

よって、戦略方針も変更無しで週超えとなります。

「緊急避難モード、現物株保有半分目安、日経ダブルインバースETF <1357>のヘッジは資産全体の2割目安」のままです。

0a36a96df

松川行雄 (まつかわゆきお)

有限会社増田経済研究所 日刊チャート新聞編集長