プロルートの17年3月期営業利益は計画下振れ

4/21 15:24
 プロルート丸光<8256.T>は21日取引終了後、集計中の17年3月期連結業績について、売上高が従来予想の124億4000万円から110億4100万円(前の期比5.9%減)へ、営業損益が1億5500万円の黒字から1700万円の赤字(前期3億1900万円の赤字)へ下振れたようだと発表した。

 免税事業は計画を上回ったものの、既存事業や新たな取り組みとしてスタートしたEC事業および貿易事業の進捗が当初計画下回ったことが要因としている。なお、純利益は、固定資産売却益を特別利益として計上したことなどから、1400万円から2億6100万円(同4億6600万円の赤字)へ上振れたようだとしている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
株経ONLINE