三菱UFJなどメガバンクがトレンド転換、米長期金利上昇と金融株高が波及◇

4/21 09:07
97a9eeccd
 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>、みずほフィナンシャルグループ<8411.T>などメガバンクは買い優勢の展開。前日に揃って底入れの動きをみせたが、きょうも戻り足を継続、下降トレンドからの転換を示唆している。前日の米政府高官の発言を受けトランプ政権の経済政策への期待が再燃、朝鮮半島や中東地域などの地政学リスクに対する不安心理も足もとやや後退しており、米長期金利は再び上昇基調にある。これを受けて前日の米国株市場では、ゴールドマン・サックスやシティグループ、JPモルガンなどの大手金融株が買われており、これがメガバンクの買い戻しを後押ししている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
株経ONLINE