日経平均株価テクニカル分析 【3月21~3月24日】 円高、米安!今週のマーケットの値動きと今後の展望

3/19 03:45

■金曜日深夜のアメリカの値動きは

15be65a16Icon_zoom

米国市場は高安まちまち

ダウ工業 20,914.62 -19.93

NASDAQ 5,901.00 +0.24

日経225先物の金曜日のナイトセッションは日中の終値-30円の19320円で終了しました。

■日経平均株価テクニカル分析

日経225先物のチャートをみると三角持合いになってきています。

下値を切り上げながら上値を押さえられて、このまま上値抵抗線とサポート線が交差するところまでいく可能性がでてきました。

為替も金曜日の深夜に113円を割り込み112円70銭近辺で終了しています。

これはFOMC前の15日から比べると約2円の円高となっています。

これだけの円高にも関わらず日経平均株価及び日経225先物は下げ幅は少なく、この先の時期の判断は難しいですがマーケットは上に行きたがっている可能性を感じます。

とはいえ日経平均株価や日経225先物だけを監視するのではなく海外や為替次第では思惑通りにいかないのでリスク管理を必ずしておいてください。

■今週の投資戦略は

19170円近辺にはサポート線と75日移動平均線があります。

もしそこまで下がってくるようであれば押し目買いで対応する投資が安全と考えます。

そこで反発しないようでしたらロスカット。

そこで反発したら飛び乗るのも戦術としては面白いと思います。

いずれにしても海外マーケットや為替次第で思惑通りにいかない可能性もあります。

三角持合いを離れた時に飛び乗る準備と観察をしていきましょう。

■今週の日経平均株価及び日経225先物の予測

今週の上値の目途は

19500円

今週の下値の目途は

19150円

と考えています。

9bd3deb6f

今福博文 (いまふくひろふみ)

デイボード株式投資顧問 代表