コミュニティ掲示板

9bf3c1eed
開設日:
2009/06/03
最終更新日時:
702日前
公開設定:
全員へ公開
カテゴリ:
(株式)初心者
タグ:
 初心者, 用語集

ROA:総資産利益率 とは

                       更新:2009年6月3日
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
・分類  :指標
・名称  :総資産利益率
・よみがな:そうしさんりえきりつ
・英語名称:ROA(Return On Assets)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

▼ 内容
株主そして債権者からの投下された資本(総資産)に対し、いかに効率よく利益を創出できたかを示す指標のこと。
なお、この指標は、ROE(Return On Equity)と同じく効率性を示す指標のひとつであるといえる。
同じ額の利益を上げた同じ総資産の企業は、負債比率に関係なく、ROAは同じ値をとる。
自己資本比率の大きい企業はROAとROEの値に大きな差が生まれまないが、負債比率が大きい企業の場合ROAとROEとの差が大きくなる。
つまり、同じ額の利益を上げた同じ総資産の企業であっても、自己資本比率の高い企業は負債比率が大きい企業と比較してROEが低くなるが、ROAの場合は同じ値を取る。
この指標も欠点があり、ROE同様特別利益(損失)や税金の変化などに額が変わることがあるため注意が必要。

▼ 算出式
ROA(%)=利益(当期純利益)÷総資産(期中平均)×100

▼ 用途
資本活用が効率的かどうかの選定に用いられる

▼ ちょっと難しい話
デュポンシステム(米大手化学メーカーのデュポン社が開発した経営管理指標の体系)によりROAを分解してみると、

ROA=利益÷総資産

        利 益   売上高
      =―――――×―――――
        売上高   総資産

となります。
ROEとの違いは利益を純利益とした場合、財務レバレッジが関係ない、つまり冒頭に述べた通り、負債比率は全く考慮されない形となります。
ROAもROE と同様に、それを向上させるためには、利益率を高めること、そして資産の回転率を高めることが必要となります。
なお、分子である利益に、どの利益数値を用いるかかという点も議論となるところです。
純利益を用いる場合が多いように見受けられますが、ROAの分母は総資産ですので、総資産を使って稼ぎ出した利益(経常利益)を分子とすべきという考え方もあります。
また、総資産に占める負債比率の影響を完全に排除した考え方として、受取・支払利息の影響のない営業利益を用いるケースもあります。

▼ 関連キーワード・類義語
* Return On Assets
* 総資産利益率
登録日時:2009/06/04(13:58)
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。