コミュニティ掲示板

掲示板一覧
メンバー:
カテゴリ:

国内株

タグ:

公開設定:

全員へ公開

77be54267
情報の共有。
掲示板

貴重メモ帳Ⅱ

     

http://minkabu.jp/stocks/topic/show/5060 2009.5.22 21:50 SBI証券pts 1348+148 18042株(11.67%) ★材料なしで(成長7■5割安) 7.30/1821+S高●40万株ヵィ66万株→★2010.11.30/日経9937-188 20億株/ソフトブレーン/*5270 *5290*5280 101株☆待つも相場!!12.1/5260*5300☆只待っているだけでは無い!! 12.2/*5320*5270-30 110株☆~~絶好のチャンス!! シナジーSy!/2450 3020+S高●2910+390 518000株★史上最高値12.3.金/2798 3130★史上更新3100+190●425700株 SBr*5290*5280+10 78株 ☆継続は力なり!!2010.12.3/本日インボイスが来年1月24日をめどに1500円でMBOに買い取られ未上場に成る。逐次全株を☆☆☆ソフトブレンに買い換えて行く。ラッキー!! 動物人臓器.中内啓光http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC03018_T00C14A3MM8000/?dg=1 3Dマトリックス3900-155、リプロセル966-35 リニカル835-16 日本管理C999-12 マネックス440-

リプロセル♪/*781 789*773 752★★最安値更新!!*754 762-29▼49万株1/5に http://www.fujitv.co.jp/firstclass/index.html 


卓也TEL03-6808-7281江戸川区南葛西6-27-4-502 シェグラン葛西臨海公園 1e1  ウオーレンパフェット!!⇒http://www.everythingislearning.com/usa/why-buffett-does-not-sell-his-shares-easil/ ⑴保有期間が長ければ長いほど事業価値がどんどん高まる「スーパースター銘柄」⑵売却してしまうとキャピタルゲイン税が課税されるものの、売らなければ、無税で複利の恩恵を受けられる

 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ25053_V20C14A9MM8000/?dg=1 国際共同治験受託http://nk.jiho.jp/servlet/nk/kigyo/article/1226578266781.html?pageKind=outline 


徳島33せ 2786RX-7


<日本株ファンド>見えてきた日本株の上昇の兆し
生存権利の侵害&名誉棄損!! http://www.nikkei.com/money/features/37.aspx?g=DGXMZO7898980028102014PPE001&n_cid=DSTPCS008 


http://www.yozan.co.jp/pdf/website_rule.pdf YOZAN!!

2014.12.8/日経平均、7年4カ月ぶり1万8000円台 日米株価逆転!!

http://www.nikkei.com/money/features/69.aspx?g=DGXLASFS22H0I_26112014EE8000  国の税収51兆円53に次ぐ


公、日銀買いで2万円!! http://www.nikkei.com/money/features/37.aspx?g=DGXMZO8161966006012015PPE001&n_cid=DSTPCS008 


http://www.nikkei.com/article/DGXLZO83286770X10C15A2EA1000/?dg=1 金利低下未踏の領域へ

 

2016.7.13.にゴールドマンサックスから、一番良い評価を受けたリプロセル。買い継続で、目標株価は、570円。本日のリプロセル株価は、431円。
http://textream.yahoo.co.jp/message/1004978/4978/35/122 尿からiPS細胞


3DM、心臓組織組再生の日本での特許!!http://www.3d-matrix.co.jp/dl_file/2016/3DM_2016_04_04_IR_001.pdf


※※【薬効領域】*4/4 自己組織化ペプチド組成物の『心臓の組織再生』に関する日本での特許取得のお知らせ
【薬効領域】Cardiovascular

再生医療分野では日本が最も短期間で上市できる制度を導入しており、海外の有力ベンチャー企業からの問い合わせも多い。


リプロセル2019年度営業利益は1百万円 フィスコhttp://app.fisco.jp/data/report/20160812/6680070020160812003.pdfhttps://www.reprocell.com/ir/advantage


※➧マッケ社員&3DM社員!!https://www.linkedin.com/in/anneliese-hall-30721430 

      735

10月4日 07:36          


特許出願は公開されるまでは出願したという事実すらも第三者にはわかりません。1.5年間はブラックボックスの状況にあるということです。2016.10.6.3DM分割 出願&公開!! http://ipforce.jp/patent-jp-A-2016-174912            只今は宝の山の真っ只中!!   ➧ [0021] 本発明を完成させた。


3DM-PDF 2016.4.25/(次世代止血材) 組織閉塞材[PM03]の特許が日本で成立!!

http://www.3d-matrix.co.jp/dl_file/2016/3DM_2016_04_25_IR_001.pdf


オプジーボが日本で初めて承認されたため、薬価はアメリカは日本の4割イギリスは2割


http://minkabu.jp/community/topic/show/18249#comment_edit

★NY株史上最高値+7連続 19911+114$/115.21原油52.98$➧日経+連続7日 19253+3▲20億2.5兆円 12.14/♪サイボウズ/486★464 470-10


CMC!!https://www.youtube.com/watch?v=VM5iQU_kt5c&t=43s


中国崩壊!!https://www.youtube.com/watch?v=BR5Wle2e564&t=35s


スカラ無担保、無保証 20億円 5年 千葉銀行+11行2016年11月

http://scalagrp.jp/pdf/ir/news/20161130_IRnews.pdf


http://yukiyuki13.net/2017/01/07/3d-matrix-2/

どうもワタクシです


◉P10★ビル&マンション区分調整➥先駆者利益&巨大首都圏直下地震!! アルデブロ2018年7月期決算第29期決算書http://www.ardepro.co.jp/files/ir/report_vs/20161028.pdf

◉決算説明躇!!金利現在 2.8%-0.9%安続く!!http://www.ardepro.co.jp/files/ir/library_ex/2016/1006.pdf  


アルデブロ 平均金利  2014年7月期4.7%  2015年7月期3.7%  2016年7月期2.8%  借入総額:13,034百万円    東証一部上場でメガバンク!


平成27 年7 月期におきましても第3 四半期と第4 四半期に売上高および利益計上が集中する見込みであり、「1. 販売用不動産の売却契約の締結等販売の状況」に記載のとおり、当該物件の売却により、平成27 年7 月期通期業績予想における営業利益につきましては、3.下記【平成26 年7 月期の四半期ごとの進捗状況】記載の通期営業利益額とほぼ同等の利益水準の計上を見込んでおります。今後、通期.業績予想数値や中期経営計画に修正の可能性が生じる場合には、判明次第お知らせいたします。

http://www.ardepro.co.jp/files/ir/press/2015/0312_03.pdf当社業績の下期偏重傾向について


逆張りNO.1 2月24日 10:38>>394 流石です!!^)^♪


2017.2月リプロセル③四半期短信3P「iPS細胞を活用した細胞医薬品」につきましては、当社が保有する世界最先端のiPS細胞技術を利用して進めていく予定です。


裏技ポイント1. この時、卵に油を少し入れて溶く。

とんかつを揚げたら、衣だけが剥がれてしまった経験ありませんか?卵の中に、ほんの少し油を入れることで、衣がしっかりお肉にくっついて剥がれません。


大阪西高架下海部観光高速乗り場、桜橋口http://www.kousokubus.jp/wp-content/themes/kousokubus/map/osaka.pdf

PSA監視療法(無治療経過観察)

定期的に検査するPSA値などが病状の悪化を示さない限り、なんら治療を行わず経過を観察する方法をいいます。この方法では、手術などの治療が必要となるタイミングをいち早く捉えるために、定期的に検査を受けることがとても重要です。
前立腺がんの中には、治療をしなくてもほとんど進行しないおとなしいものがあります。病期分類がT1~T2でグリーソンスコアが6以下、PSA値が10ng/mL以下の場合はその可能性があります


sbihttp://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/home/bm_170818_int_kouhushinkyu.pdf


リニカル (2183)が、JPX日経中小型株指数200銘柄に採用!!


2017.9.17.エドワードルトワック博士:外交カードがなくなれば、残りの手段は軍事行動しかなくなる。

 ところがそれよりも最悪のシナリオは、北朝鮮を核保有国として認め、金正恩が思いついた時に、いつでも韓国と日本を脅せるようになることを受け入れることだ。

 さらに、北朝鮮はイランに対して行ったように、核兵器や弾道ミサイルの部品などをいつでも海外の国々に売却できるようになる。

 これは私がいう「降伏」の一つの形態だ。われわれは核武装して周辺国を脅すことのできる北朝鮮を受け入れて、その脅威の下で生き延びるしかないのだ。


FCV水素!!

【安井】EVは時速180キロで走るとすぐに電池が切れてしまって、2時間、3時間走れませんね。

【清水】ドイツ人が考える理想のモビリティは、180キロですっ飛ばしても燃費のいいクルマです。

【安井】それはFCVぐらいしかないですね。

15件のコメントがあります
  • イメージ

    2014.12.10★[リニカル 3日続伸。岩井コスモ証は9日付で新規「A」(5段階中最上位)、目標株価1400円とした。付加価値の高い業務に特化する医薬品開発受託企業と評価] (sbi証券ニュース)
    成程、940台➡年初来安値を買い集めていたのはココ?? 仕込み完了ということか。 日経一時★ー350&-155▼ 12.11♬リニカル逆行高/936 941 923 935+12●2.8万株 12.12♪リニカル/923 954●935 3.7万株(四季報発売)


  • イメージ
    2015年には、GEはボーイング製「ドリームライナー(B787)」にも多数搭載されているGE nxエンジンでCMC製部品のテストを開始し、GEの最新型大型エンジン「GE9X」向けテクノロジーの完成を目指しています。このテクノロジーが完成すれば、ファン直径11フィート(約3.4 m)、空気圧縮比60対1を実現するGE9Xエンジンは、世界最大かつ航空機史上最高の圧縮比を誇るジェットエンジンになるはず。「これらのエンジンの商用利用が始まる2020年の終わりまでには、CMCへの需要は10倍に膨らむと見ています」とコレアは言います。
  • イメージ
    【0009】胆汁婁・膵液婁は、胆道系手術、膵炎や膵臓手術などによって胆汁、膵液が漏れ出し、他の臓器に悪影響を及ぼす症状のことである。現在、胆汁や膵液の漏出を効果的に抑え、かつ臨床使用可能な物質は知られておらず、安全かつ効果的に胆汁婁・膵液婁を防ぐ方法が求められている。
    【0010】肺おいて、肺胞の嚢包が破れる自然気胸や、肋骨骨折やカテーテル穿刺等の外傷性気胸などにより、空気が漏出する病状が知られている。症状によっては自然治癒を待つしかなく、患部に上層するだけで肺組織と接着し、嚢包の穴を塞ぐことが可能な方法は、気胸を治療する手段として、簡便かつ安全性が高い方法の一つと考えらえる。
    【0011】内視鏡技術の発達により、病変部を内視鏡的に切除する技術が開発されてきている。特に食道、胃又は腸を含む消化管のポリープや早期がん(リンパ節転移がないと考えられている表層癌)等の病変部を内視鏡的に切除する手術法が確立されてきている。内視鏡的粘膜切除術では、一般的に病変部を含む粘膜下層に高張食塩水などを注入して病変部を隆起させ、切除部分を把持しながら電気メスなどにより病変部を含む組織の切除を行う。
    当該手技において、病変部と固有筋層を引き離すために粘膜下層へ高張食塩水等の溶液を注入するが、食塩水等の粘性の低い溶液では病変部の隆起を手術中維持できないという問題点があり、患部の隆起を手術中維持可能な注入液が望まれている。
  • イメージ
    本特許は、当社が欧州等で販売の吸収性局所止血材「PuraStat®」に続く次世代止血材として研究開発を進めているPM03に関する特許であり、手術等で損傷した組織や臓器からの出血等の損傷部位を塞ぐなどの止血効果を有する組織閉塞剤としての特許です。
    組織閉塞は、損傷部位からの出血だけでなく、その他の体液や空気の漏れの防止を含む広い概念であり、今回日本において成立した権利範囲は、当社が医療機器として研究開発を進めているPM03を用いた次世代の製品群(止血材・粘膜隆起材・血管塞栓材)を含むとともに、将来のパイプライン候補として検討を進めている胆汁や肺からの空気の漏出防止剤としての使用等についても幅広く権利が及ぶ内容となっております。
    本特許において組織閉塞に関する幅広い効果が示されたPM03は、「PuraStat®」で用いられているRADA配列と同じくマサチューセッツ工科大学(MIT)から独占実施権を受けており、この度の特許取得により次世代製品群の製品化に向けた特許が補強されることから、研究開発をより進展させてまいります。
    なお、現段階においては本件による通期の業績への影響はありませんが、来期以降の製品開発の促進や事業提携等に貢献していくものと考えております。
  • イメージ
    【0021】自己組織化ペプチドの止血への応用は特許文献1に示されているが、実施例に引用された論文の肝臓切開部における止血ビデオ映像では、切開部末端から持続的な血液漏出が認められ、報告されている完全止血ができていない。止血が不完全な理由は、自己組織化ペプチドゲルと組織の接着が不十分なためと推測される。したがって、自己組織化ペプチドの止血効果を臨床応用可能なレベルにまで引き出すためには、さらなる改良が必要である。
    【先行技術文献】
    【特許文献】
    【0022】
    【特許文献1】国際公開第2006−116524号パンフレット
    【発明の概要】
    【発明が解決しようとする課題】
    【0023】本発明の目的は、ヒトを含む大型哺乳動物において組織の損傷部を効果的に閉塞でき、かつウイルスなどの感染性の懸念がない自己組織化ペプチド組織閉塞剤とその使用方法を提供することである。
    【課題を解決するための手段】
    【0024】本発明者らは、細胞培養の足場として利用されている自己組織化ペプチドハイドロゲルを組織閉塞に適用することにより、既存組織閉塞剤と同等以上の組織閉塞効果を示すことを見出し、本発明を完成した。また、ペプチド水溶液を体液漏出部に単純に適応するだけでは十分な組織閉塞効果を得ることができないという課題があった。そこで、鋭意研究の結果、体液漏出部から余剰体液を除去することで、十分な組織閉塞効果と生体安全性を得ることができることを見出し、本発明を完成させた。 
  • イメージ

    当時米国がリストアップした「米国になくて世界にある20の技術」のひとつとして挙げられていた炭化ケイ素繊維。しかし大規模な需要が見つからず、またニカロンの品質を越えることができなかった多くの企業が撤退し、今ではこれを製造できるのは世界に2社のみしかありません(ともに日本企業)。たかだか数年では結果が出ないのが材料研究の常ではあるものの、その誕生から早40年。日本カーボンが開発を粘り続けた背景には、新素材の可能性を世界から奪ってはならない、という責務があったと言います。長らくCMC研究の末、GEがセラミックスで空を飛ぶ夢の実現に漕ぎ着くことができたのも、同社のおかげ。太平洋を挟む両社は「必ず実現して世界に大きな価値を届けるんだ」という技術者魂の火を灯し続けてきたのです。

    GEがCMC製造を本格開始するにあたり、日本カーボンはSiC繊維の量産のためにGEと仏サフラングループと共に合弁会社NGSアドバンストファイバー株式会社を設立(筆頭は日本カーボンで50%出資、GEとサフラングループは各25%を出資)、富山県内で製造を手掛けており、いま増設中で2016年に稼働を始める新工場ではSiC繊維を本格量産し、米国のGEの工場へと出荷予定です。また、米国内でもSiC繊維の製造を始める計画で、すでに工場建設の準備が進んでいます。SiCを完成させた張本人、ミスターSiCこと武田氏は2015年春にNGSの社長に就任。日米におけるSiC繊維本格量産を指揮する重要人物です

  • イメージ

    眠る1700兆円放つ  個人の金融資産に転機  変える、始める 2017  2017/1/1付日本経済新聞 朝刊

    日本人の「正しい家計管理」は大きな曲がり角にさしかかっている。モノの価格が下がるデフレ下では、資産の多くを現預金で持つのは間違いではない。だが、政府が目指すデフレからの脱却が実現すれば、現預金の比率の高さは実質的に資産が目減りするリスクにつながる。日本人の「貯蓄好き」はよく知られる。金融庁によると日本人の金融資産(2015年)は現預金が52%を占める。株式と投資信託(保険や年金資産を通じた間接…

    年末12.29/池上彰は世界最大のGPIFの株式運用を国会で野党に-5兆円を追及されていましたがトータルでは+42.6兆円12月の上昇ではもっと増えてるのではないでしょうか。と発言

  • イメージ

    死なないカラダ 38兆円市場、争奪始まる  (1/2ページ)2017/1/1付日本経済新聞 電子版
     病気やけがで機能しなくなった組織や臓器を新しいものと置き換える「再生医療」。ここに来て研究開発から実用段階に入ってきた。国が期待するiPS細胞の分野では、目の難病治療を目指す臨床研究が2017年前半にも再開される。「死なないカラダ」の時代が今、幕を開ける。

    昨年末、再生医療業界で「事件」が起きた。富士フイルムホールディングス(HD)が武田薬品工業傘下の和光純薬工業を買収、子会社にすることを決めた…

  • イメージ

    航空機に日本の新素材  米GE採用、軽量で燃費改善  2017/1/11付日本経済新聞 朝刊

     次世代航空機のエンジン基幹部品に日本発の新素材が採用される。軽量で高い耐熱性を持つ炭化ケイ素(SiC)繊維で、米ゼネラル・エレクトリック(GE)が最新エンジンに導入。宇部興産など国内2社が素材を供給する。航空機の軽量化(総合2面きょうのことば)により燃費を改善できる。ロケットや発電設備など幅広い分野で採用が進む可能性があり、炭素繊維に続き、日本発の新素材が技術革新をけん引しそうだ。

  • イメージ

    組織閉塞剤

    【0012】

    カテーテル療法の発達により、腫瘍や筋腫等の血流支配をうける病変部へ流入する動脈を閉塞させることにより、腫瘍や筋腫等を死滅させる手術方法が確立されてきている。具体的には、肝臓脈閉塞術、子宮動脈閉塞術、脳動脈閉塞術等を挙げることができる。
    当該手技において、動脈を閉塞させるために、異種動物から抽出されたコラーゲンやエチレンビニルアルコールなどの液体を注入するが、感染の危険性や生体毒性が懸念されている。そこで、感染の危険性がなく、かつ、生体毒性の低い注入液の開発が望まれている。
    また、注入液は抗癌剤や造影剤の添加が可能であることも求められている。

  • イメージ
  • イメージ

    組織閉塞剤!! http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e6%b5%b7%e5%a4%96%e3%81%ae%e5%af%8c%e8%a3%95%e5%b1%a4%e3%81%8c%e6%8a%bc%e3%81%97%e3%81%8b%e3%81%91%e3%82%8b%e3%80%8c%e8%a8%ba%e7%99%82%e6%89%80%e3%80%8d%e3%82%92%e3%81%bb%e3%81%a8%e3%82%93%e3%81%a9%e3%81%ae%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e3%81%8c%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e7%90%86%e7%94%b1/ar-BBBpyda?ocid=UE07DHP#page=2

    c) 次世代止血材について
    欧州では次世代止血材「PM03」の開発も進めている。「PM03」は「PuraStatR」と比較して止血効果が高いこと(短時間で完全止血)に加えて、低コストで製造できることが特徴として挙げられる。「PuraStatR」はRADA16と呼ばれるペプチド配列だが、「PM03」はこれより少ない配列数となっているため、製造コストが若干低くなる。また、「PuraStatR」は冷蔵保存が必要であったが「PM03」は常温保存が可能なことも長所となる。移動や保管等の際は常温保存のほうがコスト面で有利なため、医療施設も導入しやすい。一方、マイナス面としては粘性が高いため、カテーテル等の細い管を通して使用部位に注入する用途では不向きとなる。このため、今後は消化器内視鏡治療では粘性の低い「PuraStatR」で、臓器出血や消化器外科手術では止血効果の高い「PM03」で、市場を開拓していくことが予想される。欧州では2017年中にヒトでの臨床試験を開始し、CEマーキングの承認取得を目指していく方針となっている。

  • イメージ
    30年までにAIの分野では世界をリードする大国になることを目指す開発戦略を発表した。

     世界で人口の最も多い国でAIブームを起こすことは、多大な可能性を秘めている。まず、コンピューターの深層学習(ディープラーニング)能力は、データが多ければ多いほど深められるからだ。

     中国ほど膨大なデータを生み出している国は他にはない。例えば、非常にまれな病気であっても、人口が多いことからその兆候に関するデータを多く収集し、深層学習に生かすことができる。そのため、多くの新技術の開発ペースも速まるだろう。

  • イメージ

    アルデブロ③四半期予想、490億円だったものが一転赤字。

    http://www.ardepro.co.jp/files/ir/report_se/20170614.pdf

  • イメージ
    【設立】1988.3 【上場】2004.3
    【特色】収益ビル・マンションの仕入れ販売を手掛ける。権利調整に強み。事業再生ADRを経て復調
    【連結事業】不動産再活97(15)、不動産賃貸収益等3(57)
    【急拡大】第3四半期まで仕入れ中心で低調。ただ第4四半期に大型案件の売却が集中し、通期で大幅に伸長。税効果もあり最高純益を10期ぶり更新。増配余地。18年7月期もビルやマンションの再生が伸びる。
    【早期償還】14年に投資ファンドに発行した転換社債の未償還分15億円は、希薄化懸念払拭へ早期に買い入れ償還する方針。中長期で賃料収入得られる物件取得に意欲。
    【業種】 不動産(住宅) 時価総額順位 13/83社 (四季報が一転赤字) 
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。