Raguelさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ366件目 / 全748件次へ »

単純な製造業の復権では持続不能

8cce6eed6 D813b7530 922c052ba 


クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m ランキング参加中米国では、ITに対する過剰な期待も、最先端の金融工学に基づく金融立国政策も結局は泡と消え、製造業の重要性が見直されつつあるようです。こういうときにありがちな政策は、企業の再建支援や研究開発支援などですが、米国の場合は政策以前にポリシーを変革しなければ別のバブルを作り出すだけになりかねないと危惧します。変革すべきポリシーとは、すなわち「大きいことはいいことだ」「消費は善である」という考え方です。大量消費に支えられた大量生産、その結果としての経済成長は、もはや過去の神話であって、恐らく21世紀は大きいこと、消費することは「悪」と看做されるようになるでしょう。小さいこと、必要最小限の消費、それに立脚した資本主義。矛盾するというか、非常に困難な課題ですが、克服しなければ経済成長はおろか、人類の生存そのものが危機にさらされることになる。オバマ氏は「チェンジ」を叫び、米国民はそれに応えて史上初となる黒人を大統領に選びました。米国民の良識と、オバマ氏による大量消費主義の「チェンジ」を、心から期待しています。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/11/06(21:05)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。