収益性
65
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
50

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ3219件目 / 全3636件次へ »
ブログ

ネット証券に個人投資家の申し込み急増

791ca863c  

Yahoo!ニュースより以下抜粋。

-------------------------------

ネット証券人気上昇 株暴落後、安値買い狙い
10月18日15時26分配信 産経新聞

 米国発の金融不安で日経平均株価が暴落し、9000円を割り込んだ10日以降、ネット証券各社に個人投資家からの口座開設の申し込みや資料請求が急増、通常の2-5倍に上っていることが18日分かった。手数料が安いネット証券で安値買いを狙ったとみられ、ネット最大手SBI証券広報担当の緒方剛史さんは「株式投資を始めるチャンスと考えている人も多いようだ」とみている。

 ネット証券各社によると、変化が起きたのは米証券大手リーマン・ブラザーズが破綻(はたん)した9月半ば以降。口座開設申し込みが増え始め、10日から一気に加速した。

 SBI証券への口座開設資料の請求は、9月が1日平均851件だったが、今月は15日現在、同1993件。連休明けの14日には1日で8162件の資料を発送した。

 10日は、松井証券への口座申し込みが平成18年7月以来の772件(9月の1日平均は268件)に上った。マネックス証券にも約900件の資料請求があり、4週前の同じ金曜日でリーマン破綻(はたん)前の9月12日と比べると、4倍以上となった。

 資料請求は楽天証券が2-3倍、カブドットコム証券も3-5倍になっているという。

 各社は「オンラインセミナーも盛況」(SBI証券)「口座開設者は『株は初めて』の比率が高い」(松井証券)「『これだけ下がったのなら』と興味を持つ人が多いようだ」(マネックス証券)「3年以上動いていなかった口座で取引が再開した率が7月の3倍」(楽天証券)としている。

 また、カブドットコム証券の業務統括部マーケットアナリスト、藤本誠之さんは「日本の個人投資家は(下落時に買い、高騰時に売る)『逆張り』が基本。トヨタやソニーのような主力株をじっくり買っているようだ」と分析している。

-------------------------------

“株価暴落”がメディアを盛んに賑わすようになったおかげで、逆に注目が高まってきたみたいですね。投資部門別売買状況を見ても、10月に入ってからは個人は買い越し続きですので、実際に逆張りで入った投資家が増えているのかもしれません。この時期に新規参入でキャッシュポジションがあるってのは羨ましい限りです。。。

基本的には株価にとって良いニュースかと思いますが、東証一部は外人の売買比率が約半分を占める市場ですので、いくら個人の逆張り投資が増えても素直に反発するかどうかは正直分かりません(^^; 逆に個人の売買比率が高い新興市場にお金が流れてくれば・・・という期待はあるものの、このニュースにあるようにトヨタ、ソニーなど主力株が軒並み安くなっている現在の状況では、まず買われるのは主力株でしょうね。11月の中間決算発表までは我慢我慢と。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。