収益性
65
活発度
69
人気度
55
収益量
50
投稿量
100
注目度
53

tetsuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2210件目 / 全2589件次へ »

上場企業の倒産のしわ寄せ

 ホームレスやネットカフェ難民などの生活困窮者を支援する特定非営利活動法人(NPO法人)「自立生活サポートセンター・もやい」(東京都新宿区)の活動が、主力だった後援企業の破産で窮地に立たされている。活動の危機を乗り切るため、もやいはカンパなどを募っている。
 破産したのは不動産会社「リプラス」(東京)。もやいのアパート入居支援活動に賛同し、2006年4月から、1人6カ月分の家賃保証と、もやいに毎年約1300万円を寄付してきた。もやいは、生活困窮者の自立のため、賛同する会員が連帯保証人となって、アパートに入居できる支援を続けてきた。湯浅誠事務局長(39)は「住居の確保は人間らしく生きるための最低限の基盤」と話す。
 しかし、リプラスは米サブプライムローン不況などの影響で経営が悪化。9月24日、破産手続きを東京地裁に申し立てた。もやいは年間予算の約40%を失うことになる。
 残る収入は一般の人や企業からの寄付、会費、連帯保証人申込者の保証料(1人2年間8000円)になる。元生活困窮者ら6人を有給スタッフとして雇用しているが、人件費の削減が避けられない。
 泊まるところのない相談者のために、一時宿泊所として借りていたアパートの部屋も手放さなくてはならなくなるという。
 もやいに連帯保証人になってもらい、アパートに入居できたのは首都圏を中心に約1350世帯に上る。
 ネットカフェや個室ビデオ店などで寝泊まりしている人の場合、日雇い労働などで収入があっても、保証人がいなかったり、まとまった蓄えがないために敷金・礼金などが払えず、アパートを借りられないというケースが多い。現在も毎月約100件の生活相談がある。
 湯浅事務局長は「支援企業を探しているが、当面の危機を乗り切るため、緊急のカンパをお願いしたい」と話している。
(中日新聞・CHUNICHIWebより)
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/10/05(10:41)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2008/10/05(11:41)
    こんにちは

    リプラスっていい事していたんですね

    倒産する企業って、悪いことばかりしていると思っていました


    何とか支援者が現れてほしいです
  •  通報する

    2008/10/05(11:51)
    なつきちゃんさん、
    こんにちは。
    以前は倒産=ダークなイメージでしたが、
    最近はまだまだ刑事事件に発展するような企業もありますが、
    銀行に融資を打ち切られた、取引先の倒産で不良債権を
    抱えてしまった、というケースも多々見受けられます。
    リプラスの詳細はわかりませんが、毎年約1300万円を寄付
    していたのは賞賛に値しますね。

    これからも活動が続けられることを願っています・

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。