収益性
74
活発度
0
人気度
51
収益量
51
投稿量
50
注目度
52

ユリウスさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ561件目 / 全701件次へ »
ブログ

自民党総裁選挙 -7人?の候補者

 自民党の総裁選挙に出馬する人物が明らかになりつつある。情報をまとめると、立候補に必要な20人の推薦人の確保が難しい状況の候補者もいるが、大体次の7名で争われるのではないかと思われる。

1 麻生太郎・幹事長(67)
2 小池百合子・元防衛相(56)
3 与謝野馨・経済財政相(70)
4 石原伸晃・元政調会長(51)
5 石破茂・前防衛相(51)
6 山本一太参院議員(50)
7 棚橋泰文・元科学技術相(45)


 ざっと見て、自民党に世代交代の兆しが伺える事は喜ばしい。60歳以下では、少々頼りなく見えようとも、こういう人材しかいないのならば、それはそれで国民が選んだ議員だから、重責を背負って貰うしかない。そして、国民は誰が総理になろうとも、次の世代へ借金ばかりドンドン積み上げて残すような政策は絶対に取らせてはならない。
 
(候補者寸評)
1 麻生太郎氏(67)
 人物は信用できる。明るく、国民に向かって、自分の言葉で語りかけられるのも魅力。ただし、翔年はこの人の当面の経済政策には与しない。経済政策、外交政策の論争を他の候補者に仕掛けて欲しい。

2 小池百合子氏(56)
 防衛相の時、当時の守屋次官との間のいざこざは、指導力の無さをみせた。現職の大臣が次官に「携帯に何度かけても出なかった」なんて記者にこぼしている様では情けない。夫婦喧嘩ではあるまいし、もっと次官や官房長官に毅然とした対応をして欲しかった。
 また、こういう過去の発言もいかがなものかと思う。
「女性の場合、男性の10倍くらい結果を出さないとなかなか認められないから、つい、がんばりすぎちゃうんですよね。」(自身が体調を崩した時)
「男性社員の厚着のせいで女子社員が冷房で寒い思いをしている。」(クールビズのとき)
 このような女性の視点からの発想は総理大臣には不要、むしろ邪魔なだけ。翔年はさまざまな事例から、このような器の小さい人に総理大臣になって欲しくありません。(これは女性だからと言う偏見で言っているのではありません。あくまで器の大きさを問題にしてます)

3 与謝野馨氏(70)
 人物は信用できる。政策も明確に持っている。だが、年齢的にもう後進に道を譲るべき年齢に達していると思う。

4 石原伸晃氏(50)
 小泉内閣の重要閣僚に抜擢された時、小泉首相から「任した」と言われているのに、自民党内の既得権益擁護派議員を説得できず、官邸と党をいったりきたりした醜態はひどかった。同じように小泉さんから「任された」竹中大臣が多くの抵抗勢力を押し切って、不良債権問題処理を断行したのとは対照的だった。
 説得力、行動力は大丈夫なのかな? あれから、少しは成長しただろうか?

5 石破茂氏(51)
 イージス艦事件の時、防衛相内のゴタゴタで醜態を晒した。組織を完全に掌握できていなかった。ということは、国を守る組織を任せている国民にとって大きな心配事であった。ハッキリとものを言うので、防衛論や外交問題で他の候補に論争を挑んでいただきたい。

6 山本一太氏(50)
 TVでは良くみかけるが、器が小さいように思う。幅広い政策論争を他の候補に仕掛けて欲しい。

7 棚橋泰文氏(45)
 小泉チルドレンに一定の影響力を発揮した事は知っているが、人物は良く知らない。45歳と言えば世界では指導者がいる。米大統領候補のオバマは47歳、、仏大統領のサルコジは53歳だ。
 若いだけでいいと言うつもりはないが、それにしてもわが国政治の老害はひどい。棚橋氏を良く知らないのは、翔年の情報不足のせいもあるが、おおきな要因は棚橋氏が自民党の中で重要な仕事を担当させてもらっていないからだ。総裁選の戦いぶりで人物、器を判定させてもらいましょう。ぜひ総裁選にでて、一気に世代交代を迫るパワーを示して欲しい。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。