収益性
72
活発度
0
人気度
52
収益量
52
投稿量
50
注目度
54

ユリウスさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ561件目 / 全699件次へ »

福田首相が辞任を表明


 福田康夫首相は本日夜、緊急記者会見で「臨時国会では一刻の猶予もない重要案件を審議する。先の国会では民主党が審議拒否や引き延ばしをした。今度開かれる国会でこのようなことは起こってはならない。体制を整えるのが第一で、新しい布陣の元に政策の実現を図らなければならないので辞任を決意した」と述べた。

 これは退陣する考えを表明したということは分かるけれど、何故辞任するのかは全然分からない。内閣を改造した直後に辞任するというのはどんな説明をしたところでダメ。福田首相が野党の民主党を批判し、野党に政治の責任があると言うなら、解散して国民に信を問うのが筋というものである。

 これで安倍、福田と総理大臣が突然の辞任する緊急事態が連続して訳だ。翔年は、総理が政権を投げ出すときは解散、総選挙を行って国民の信を問うのが常道であると信じているが、今の自民党はその見識もないし、またそれを実行するだけの力もない。
 国民に信を問えるような立派な政治をやっていないから、選挙で信を問えば負けると自らが思っているのだろう。


 それで、またまた自民党総裁選をして、総裁を選び、それから組閣の段取りとなるのだろう。国民の信を問わぬまま、政権のたらい回しをする自民党はそうとうずる賢い。政権の浮揚を図る策は、若返りによって、国民の支持を得られる魅力ある総裁を選ぶしかないのではないか? 自民党の総裁選びを注目しよう。

 しかし、根本的な政治改革は政界の再編しかないと考えている翔年は、次の政権に誰がつこうと、長くは続かないと思っている。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/09/01(23:13)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。