収益性
0
活発度
0
人気度
86
収益量
0
投稿量
60
注目度
53

NGTNさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ171件目 / 全560件次へ »

新興国株式投資 -8/9/2008-

E011498e7 Ad7855e65 

∇新興国株式ポートフォリオの損益率
ドル建て・株式のみの損益率:-24.81%
円換算・株式+現金の損益率:-21.81%
※運用開始日は2007年12月13日です。過去のポートフォリオ推移を記録した日記には、「新興国市場」というタグをつけています。
※ADRもしくは米国市場上場の銘柄のみなので、全てドル建てで買っています


∇保有銘柄の損益率
GFA / GAFISA(ブラジル・建設):-9.76 %
CZZ / COSAN LTD CL A(ブラジル・食料):+14.43 %
ULTR / ULTRAPETROL LTD(ブラジル・海運):-21.51 %
SLT / STERLITE IND ADS(インド・非鉄):-41.62 %
INFY / INFOSYS TECH ADR(インド・IT):-4.31 %
TTM / TATA MOTORS LTD(インド・自動車):-33.63 %
TCL / TATA COM LTD(インド・通信):-33.50 %
RDY / DOCTOR REDDYS(インド・医薬品):-8.26 %
IVN / IVANHOE MINES(カナダ・金鉱):+0.84 %
EWZ / ISHARES BRAZIL(ブラジル・ETF):-3.91 %
EZA / ISHARES S AFRICA(南アフリカ・ETF):-44.06 %
EWM / ISHARES MALAYSIA(マレーシア・ETF):-23.04 %

原油価格の下落で、ブラジル、ロシアの株価が下がってきています。画像1のチャートは、黒がロシア、緑がブラジル、青が香港、赤がインド、オレンジがダウです。
画像2は、ブラジルを代表する資源株である、ヴァーレ(鉄鉱石・非鉄)、ペトロブラス(石油)のチャートです。ヴァーレは好決算を発表しましたが売られました。

・インドGDP成長、落ち着くか:政府発表
インドはインフレが収まれば大丈夫でしょう。
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/080807/22032.html

・ブラジルのヴァーレ、第2四半期は純利益22%増で過去最高益
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJS822412520080806
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    新興国市場
登録日時:2008/08/09(23:41)

 通報する

このブログへのコメント

1~3件 / 全3件

  •  通報する

    2008/08/10(09:30)
    NGTNさん、おはようございます。

    一時は奈落の底に急降下したインド投信(HSBC)が大分戻してきており、ほっとしています。再度、インドにエールを送ります。

    失礼しました。またお邪魔します。
  •  通報する

    2008/08/10(12:08)
    インドは中国と同じで、工業(人の労働によって付加価値を生ずる産業)が強くなっているため、石油や食料などの資源価格に対して負の相関があるということなんでしょうかね。石油価格が下がってきて、インドの株価にもいい影響があるということでしょう。ドルが強くなると、アメリカに資金が集まって、新興国にリスクマネーを投資する流れが復活するので、しばらくインドは調子がいいんじゃないでしょうか。
  •  通報する

    2008/08/10(18:47)
    ナイス橋本・龍太郎さん、
    インドはインフレがなかなか収まらないんですよね。でも足元の資源価格が落ち着いてきているので、インフレ指標もじきにマイルドになってくると思います。

    HORISKIEさん、
    はい、おっしゃる通りで、インドは資源の多くを輸入に頼っているので、資源価格が上がると厳しいです。原油の自給率は、インドが3割、中国が7割、程度だったと思います。ブラジルとロシアは、自国の油田でまかなえます。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。