収益性
0
活発度
0
人気度
50
収益量
0
投稿量
49
注目度
52

shin5nackさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ20件目 / 全991件次へ »
ブログ

菌を支配するか、支配されるのか

どちらか一方のチカラで押さえ込まれるのでは無く、あくまでも「共存」が大事日和見菌のチカラを借りて、体内多数決を常に自分の望ましい方向で優勢になっていること悪玉と決めつけていても、元々体内にいるからには、何か良い役割をもっているはず、だから排除ではなく、あくまで共存。菌を持ってるとネバネバしてくる口の中や鼻水なんかをみれば、その証拠が分かる。関節や血管内にも古くなったネバネバがこびりついているかも一方、良いネバネバもある。良い成分と共に良いネバネバでカバーするような保湿機能だったり。子供はネバネバしない。余計な菌を持ってない。まだ数が少ない、など元になる原因菌をあまりもっていないから。大人は生きてきた年数分だけ原因菌の種類も数も多い。元から絶つには、善玉カルシウムは有効です。古くなって体内に留まっている物質のスムーズな排出には善玉カルシウム骨に新しく善玉カルシウムが蓄えられていくと、古くなったものは自動で押し出されるシステム(出て行くときには、綺麗なものに浄化したり、役に立つ物質に変換されて再生エネルギーとして利用することも可能。毎回新しいCaを飲むときに古い物質に変換をお願いしよう)メンテナンスの基本は、汚れをとり、一旦古いものを落としてから新しい成分やオイルを塗って保護ですね。体内でも同じことです。デトックスをしないことには始まりません。身体にいいことしてる・・・をアピールする人の多くは、運動や食事に気を遣っていて「摂り入れる」ことに夢中の方が多い。しかし、入れる器が詰まっていたり、汚れていたりしては、新しく入ってきません。意味がありません。サビていたり、スムーズに動かない部分があるというのに、運動したらどうなるでしょうか。すり減ってきて、もっと動きが悪くなったり、折れたり壊れたりしません?普段やっているメンテナンスの考えをぜひ体内にも同じように摂り入れましょう。物を大事に使うように、もっと自分の體も大事にしてあげてください。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。