収益性
62
活発度
0
人気度
0
収益量
53
投稿量
50
注目度
49

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ296件目 / 全3620件次へ »
ブログ

2016年4月21日(記録のみ)

日経平均 ; 17363.62 (+457.08、3日続伸)
TOPIX ; 1393.68 (+27.90、3日続伸)
JASDAQ指数 ; 2485.60 (+16.78、3日続伸)
マザーズ  ; 1226.42 (+41.01)

本日も記録のみ。原油高・円安・欧米株高と外的な要因の改善から買い先行で、日経平均は久々に17,000円台を突破し、一気に17,300円台に到達しました。売買金額も膨らみ、これが上抜けのきっかけになるんでしょうか。

------------------------------

日経平均は457円高と大幅に3日続伸、売買代金は2兆4000億円台に膨らむ=21日後場
4月21日(木)15時23分配信 モーニングスター

 21日の日経平均株価は、前日比457円08銭高の1万7363円62銭と大幅に3日続伸し、取引を終えた。欧米株高を受け、朝方から買い優勢の展開が続いた。「株価指数先物にまとまった買いが入った」(中堅証券)ことから、午後零時57分に、同475円16銭高の1万7381円70銭を付ける場面も見られた。ドル・円相場が1ドル=109円60銭台と、前日よりも対ドルで円安方向にあることも下支え要因として意識されたようだ。東証1部の出来高は22億8362万株、売買代金は2兆4742億円で14日(2兆6689億円)以来の水準に膨らんだ。騰落銘柄数は値上がり1753銘柄、値下がり149銘柄、変わらず50銘柄だった。

 市場では、17年3月期業績で2ケタ減益予想を示した安川電機 <6506> やエンプラス <6961> が急反落したことから、「今後も業績予想には敏感に反応しそうで、為替の前提条件や決算内容を確認したいとの機運が高まる可能性もある」(中堅証券)との慎重な声が聞かれた。

 業種別では、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株、三井不 <8801> 、三菱地所 <8802> などの不動産株が上昇。郵船 <9101> 、商船三井 <9104> などの海運株や、三井金属 <5706> 、住友鉱 <5713> などの非鉄株も高い。大和証G <8601> 、野村 <8604> などの証券株や、第一生命 <8750> 、東京海上 <8766> などの保険株も堅調。新日鉄住金 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株や、日産自 <7201> 、トヨタ <7203> などの輸送用機器株も買われた。なお、東証業種別株価指数は、全33業種が上昇した。

 個別では、20日引け後に、16年3月度の月次売上高を発表し前年同月比15.1%増となったファンケル <4921> が3日続伸。同じく20日引け後、海外子会社の再編で特別損失を計上することを明らかにしたgumi <3903> は、アク抜け感から買いが優勢となったようだ。その他では、MDM <7600> 、テクノスJ <3666> 、竹内製作 <6432> などが高い。一方、21日午後1時、16年3月期連結業績予想を修正し、営業利益予想を引き下げた阪和興 <8078> が、下げに転じた。燃費試験データで不正操作が判明した三菱自 <7211> はストップ安配分となり、3100万株超の成り行き売り注文を残した。その他では、明電舎 <6508> 、科研薬 <4521> 、アイスタイル <3660> などが安い。

------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。