収益性
0
活発度
0
人気度
50
収益量
0
投稿量
49
注目度
51

shin5nackさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ31件目 / 全987件次へ »
ブログ

自閉症をあきらめないで!

遺伝的要因に環境的要因がプラスされて、先天的な脳の異常として自閉症やアスペルガー症候群になる子どもが多いようですが、今後の人生を悲観することも、あきらめる必要もありません。脳の神経細胞は他の細胞とは違い、出生後一度も細胞分裂しない、損傷すると再生することが出来ない、年齢とともに破壊される一方だ、と言われていますが、↓↓最近の研究では↓大脳皮質には、大人になっても新しい細胞が付け加わっており、記憶や学習、判断力などに関連していることが分かりました。つまり、新しく生まれてくる細胞に対しては、これまでの先天的な自分とは違う、新しい自分を作り込む基礎にすることが出来るということです。これを踏まえまして、体験談をご紹介します。「息子は、子供の頃に高機能自閉症・アスペルガー症候群と診断されました。成長しても言葉が聞き取りにくく、順序立てて話すことも出来ません。怒りっぽく、人の言うことに反発ばかりしているような状態でした。・・バイオ・ノーマライザーを食べたのは慢性気管支炎のため、2007年から3グラム(6粒)食べ始めました。すると1年半後には、気管支炎の症状はほとんどなくなりました。その後、6グラム(12粒)に増やして食べていたところ、怒ったり反発したりすることが少なくなり、2012年から屋外で作業する仕事に就くことができました。・・9グラム(18粒)食べるようにして1ヶ月半経ったとき、「お母さん!自転車がパンクしたよ。」ってはっきり話しました。生まれてから29年目にして、初めて「お母さん!」とはっきり言ったのです。・・その後もどんどん感動の会話が増えました。感謝の気持ちがこもった会話ができた。やさしく言ってくれた。母親を思いやる気持ちが聞けた。小説を30分以上集中して読んでいるのを見てびっくりしました。待ち合わせの場所に約束通りの時間に来てくれました。自分でお風呂の用意をして入り、出てくるときには保温シートをかけてくれました。最近では、友達の名前をあげて、その人の得意な事や自分が感心した事などを話してくれるようになりました。」この体験から、脳細胞はやはり大人になっても増えており、日々成長することも、新しい自分に変革していくことも出来るということが分かります。バイオ・ノーマライザーは、通常就寝前に食べていただくように推奨しています。肉体的な運動や精神的な活動が少ない時に、自然治癒力が高まったり、新陳代謝が活発になったりするからです。脳の働きを考えると、日中もバイオ・ノーマライザーを食べて脳の活動を高めておけば一層の活動が期待出来ますので、起床時や午前中の空腹時に、体重に見合った量を食べて下さい。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。