収益性
50
活発度
59
人気度
52
収益量
50
投稿量
92
注目度
66

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ126件目 / 全1720件次へ »

「ウォーターフォール」という名の絵画

が、湘南台のイトーヨーカ堂に展示されていた。

 

毎回、ディサップ・ギーというフランス人の描いた絵画は、

繊細でなんとも美しいのだが、

今回は、美術会社社長の肝いりのフランス人が二人、

専属契約されて作品が展示されていた。

 

けれど、名前をメモるの忘れたので、

この話はパス。

 

男性社員から色々説明を受けて鑑賞してみた。

「どれが、いちばんお好みですか?」

と、訊かれたので、

 

「あの角に飾ってある青い絵がいちばん光って見えます」

と、答えた。

 

その青い絵画には、値札が付いていなかった。

けれど、青の色彩が煙るように素晴らしいのと、

グレーの額縁が、まるで新品の外車のようで格好イイ。

 

そして、その煙るような青の色彩と、外車のようなグレーの色彩が、

これ以上ないだろう、アンタってくらい、

色あいがドンピシャリとマッチしているのだった。

 

「なんともお目が高い!

 これは千住博さんの描いた滝の絵でしてね。

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E4%BD%8F%E5%8D%9A

 題名はウォーターフォール。

 とても人気のある方で、この絵画は一千万円以上します。

 今なら弊社で利息分を負担しますので、大変にお得ですよ」

 

「じゃ、買います」

 

あっさりと答えて、オイラは契約書にサインしたんだ。

で、そのサインには、村上春樹と書いてやった。

 

「あのひと、ネコみたいにいつもどこにいるかわからないから、

 文藝春秋に連絡して、どこにいるのか訊いてちょーだいね」

 

という捨て台詞を残して、オイラはその絵画を持ち去ったのだった。

 

(嘘です。妄想でもいいからそー思うと、なぜだか心がスッキリするのです。

 どーしてなんだろう?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登録日時:2016/01/13(01:56)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。