収益性
49
活発度
64
人気度
53
収益量
50
投稿量
93
注目度
76

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ121件目 / 全1710件次へ »

村上春樹より、イイかもしれない

★「伏(ふせ) 贋作・里見八犬伝」

  桜庭一樹著 文春文庫 667円+税 2012.9.10.第1刷

 

なんかもう、読み終わったときには放心状態になってしまった。

この作品の構成とか、

主人公・浜路(山で猟師として育った少女)やサブキャラの魅力とか、

里見八犬伝の巧みな取り入れ方とか、

なにかもが素晴らしくって、放心してしまった。

 

特に、浜路の描き方が素晴らしい。

元々、少女の描き方には定評があった作家だという。

その力は、村上春樹を上回っていると思われる。

 

桜庭一樹の文章は、女・北方謙三かと思われるような、

簡潔なものだが、

そういう文体でも、ここまで・・・・・・。

 

文章が簡潔なぶん、物語構成の巧みさとか、少女の描写の仕方だとか、

そういった要素が大きく浮かび上がってくる。

小説を書いてみたいと思っている人にとって、学べる部分はとても大きい。

(この作品はアニメ映画化されたということで、巻末にその脚本家の言がある。

 これがまたなるほどと、学びになるのだった)

 

桜庭一樹という作家は、

ライトノベル出身ということで、

未読の読者たちから、軽く見られているような気がする。

 

それは、とんでもない、大きな間違いだ。

 

そう理解できた読者が増えていくと、

今でも人気作家なのだろうけれど、

さらに10倍以上は売れる作家なのだと思う。

(100倍でもイイのかも、いんや、もっとかも)

 

    *

 

あまりに惚れ込んでしまったので、

既存の作品を全部読みたいと思っている。

 

ところが、書店にはそのすべてがない。

なので、ネットで集めているのだが、

中古本しかないものもあり、またその価格が不当に思えるほど安く、

桜庭一樹には申し訳なく思っている。

 

 

 

 

 

登録日時:2015/12/22(10:40)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。