収益性
63
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
50

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ369件目 / 全3594件次へ »

2015年12月2日(記録のみ)

日経平均 ; 19938.13 (-74.27)
TOPIX ; 1602.26 (+0.31、2日続伸)
JASDAQ指数 ; 2695.18 (+6.95、3日続伸)
マザーズ  ; 894.66 (+16.88、3日続伸)

本日も記録のみ。日経平均はあっさり反落で、1日で20,000円台割れ。短期的な過熱感という話も出てますが、ここから上は重そうですね~。

------------------------------

日経平均は74円安と反落、利益確定売りに再び2万円割れ=2日後場
12月2日(水)15時25分配信 モーニングスター

 2日後場の日経平均株価は前日比74円27銭安の1万9938円13銭と反落。昼休みの時間帯に日経平均先物がやや軟化した流れを受け、後場寄り付きは利益確定売りが先行し、再び2万円割れとなった。株価指数先物にも売り物が出て、1万9900円台前半まで押し戻された。その後は、根強い買いに支えられ、戻り歩調の場面もあったが、上値は限定され、引けにかけて売りに押され、やや軟化した。現地2日のイエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長の講演や米経済指標の発表を見極めたいとの空気もあり、手控え気分が強まった。

 東証1部の出来高は18億9807万株、売買代金は2兆3057億円。騰落銘柄数は値上がり873銘柄、値下がり885銘柄、変わらず163銘柄。

  市場からは「日経平均2万円乗せで、さらに買い進む材料に乏しく、短期的な過熱感もある。ただ、これまでのような外国人による買い戻しにとどまらず、中・長期資金の流入も観測されており、ECB(欧州中央銀行)理事会や米雇用統計などの海外イベントを無事通過すれば、年末高への期待が高まってくるのではないか」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、太平洋セメ <5233> 、日電硝子 <5214> などのガラス土石株や、日本紙 <3863> 、レンゴー <3941> などのパルプ紙株が軟調。オリンパス <7733> 、ニコン <7731> などの精密株も売られた。郵船 <9101> 、商船三井 <9104> などの海運株もさえず、三菱倉 <9301> 、三井倉HD <9302> などの倉庫運輸関連株も安い。

 個別では、11月のバックライト売上高が計画未達のミネベア <6479> が値下がり率トップ。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「アンダーウエート」(弱気)に引き下げたDTS <9682> や、SKジャパン <7608> 、ADワークス <3250> 、Olympic <8289> などの下げも目立った。

 半面、大成建 <1801> 、鹿島 <1812> などの建設株が上昇。水産農林株では、サカタのタネ <1377> が高い。NTT <9432> 、スクエニHD <9684> などの情報通信株も堅調。JAL <9201> 、ANA <9202> などの空運株や、関西電 <9503> 、九州電 <9508> などの電気ガス株も買われた。

 個別では、2日付株式新聞1面トップの新日無 <6911> が値上がり率トップ。共同で20年に向けた国産バイオジェット・ディーゼル燃料の実用化計画を推進すると発表したユーグレナ <2931> や、日新電機 <6641> 、東邦システム <4333> 、日本CMK <6958> 、丹青社 <9743> などの上げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、17業種が下落した。

------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2015/12/02(23:59)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。