jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ136件目 / 全1494件次へ »

テロの市場への影響

 フランス同時多発テロはIS絡みのようである。
 IS絡みなので、これは一種の戦争。
 普通のテロとは違う。
 市場への影響は中期的には戦時経済寄りになるのかも。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 テロで株価暴落ならばテロリストは幾らでも空売りで金を稼げる。
 市場参加者の多数がバカでなければテロで株価暴落とはならない。
 テロ頻発の状況が続けば株価は下がるだろうが、株価水準は低位安定になっていくだろう。

 つまり、どう転んでもテロリストが市場で稼げる可能性は低い、、市場参加者多数がバカでなければ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 当然だが、テロ行為は割に合うものではない
 それでもテロをやるのはカルト的な集団であり、カルト集団が膨張するのは長期の貧困=長期の景気低迷があるから。

 長期の景気低迷は、金融政策(景気中立化の政策)の持続的なミスで起きる。
 どのような技術水準の国であれ、金融政策が真っ当ならば、その技術水準に応じた景気中立化、経済成長が可能である。
 資本移動の自由化が進んだ現在では特にそう

 金融政策の持続的ミスを起こすのは必ず官僚集団
 官僚集団の所得は税金由来、利権由来で景気依存性が低いから自ずとそうなる。




  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    投資雑感
登録日時:2015/11/15(16:38)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。