天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ355件目 / 全3551件次へ »

2015年10月20日(記録のみ)

日経平均 ; 18207.15 (+75.92)
TOPIX ; 1499.28 (+4.53)
JASDAQ指数 ; 2538.70 (-2.65、2日続落)
マザーズ  ; 791.59 (-6.24、2日続落)

本日も記録のみ。イベント前、決算前であまり動きのない1日でした。

------------------------------

日経平均75円高、材料不足にもみ合い、売買代金は今年3番目の低水準=20日後場
10月20日(火)15時30分配信 モーニングスター

 20日の日経平均株価は前日比75円92銭高の1万8207円15銭と反発した。前場は同52円03銭高の1万8183円26銭で引けた。前日の米国株式が上昇した流れを受けて買い先行で始まり、寄り付き直後には120円超幅まで買われたが、買い一巡後は伸び悩んだ。中国景気減速懸念に加え、月末にかけて国内企業の4-9月期決算発表の本格化や日銀の金融政策決定会合、FOMC(米連邦公開市場委員会)といった重要イベントが控えており、様子見ムードが強かった。後場前半も手控えムードが継続。午後1時30分ごろから強含み、午後2時すぎには110円超幅まで上昇したが、その後の上値は重かった。東証1部の出来高は17億8157万株。売買代金は1兆8235億円。売買代金は今年3番目の低水準。騰落銘柄数は値上がり688銘柄、値下がり1070銘柄、変わらず143銘柄。

 市場からは「材料難で買い上がれなかった一方、日銀の追加緩和期待が下値を支えた。月末にかけて、国内企業決算、ECB(欧州中央銀行)理事会、FOMC、日銀の金融政策決定会合など重要イベントが相次ぐ。当面は、1万8000円台前半で方向感を探る展開が続きそうだ」(オンライン証券)との声が聞かれた。

 東証業種別株価指数は全33業種中、18業種が上昇した。NTT <9432> 、KDDI <9433> 、NTTドコモ <9437> 、ソフトバンク <9984> など情報通信、三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> 、みずほ <8411> 、りそなHD <8308> など銀行、郵船 <9101> 、商船三井 <9104> 、川崎汽 <9107> など海運が値上がり率上位。個別では、業績予想を上方修正したトーカイ <9729> 、宝HLD <2531> のほか、新日科学 <2395> 、ダイセキS <1712> が東証1部値上がり率上位。東レ <3402> 、信越化 <4063> 、アステラス薬 <4503> 、アドバンテスト <6857> 、太陽誘電 <6976> 、T&DHD <8795> なども堅調。

 半面、三井不 <8801> 、三菱地所 <8802> 、東建物 <8804> など不動産、東電 <9501> 、中部電 <9502> など電気ガス、清水建 <1803> 、長谷工 <1808> など建設が値下がり率上位。個別では、デジアーツ <2326> 、Vキューブ <3681> 、SMS <2175> などが東証1部値下がり率上位。大和ハウス <1925> 、アサヒ <2502> 、旭化成 <3407> 、神戸鋼 <5406> 、シャープ <6753> も軟調。

------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2015/10/20(23:59)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。