元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ98件目 / 全1667件次へ »

イアン・フレミングとレイモンド・チャンドラー

ボンドはまわりを見まわしたが、立ち聞きされる恐れはなかったし、

キャビアは調理場で焼きたてのトーストができるのを待っているだろう。

「聞こう」ボンドの目は興味に輝いた。

 

「三人目のブルガリア人をパリへ行く途中でつかまえたのよ。そいつはシトロエンに乗って、

 ごまかすためにイギリス人のヒッチハイカーをふたりも拾って乗せたんですって。

 道路の検問で、あまりフランス語がへたなんで身分証明書を求められたのね。

 そいつは拳銃を出して、オートバイ警官をひとり撃ってしまったのよ。

 でも、もうひとりの警官がつかまえたの。

 どうやってつかまえたのかしらないけれど、自殺しそうになったところをうまく止めることができた

 のよ。それから、そいつをルーアンへつれていって、話を聞き出したってわけ──たぶん、

 いつものフランス流のやり方でやったんでしょう。

 

「どうやらあの連中は、こういう仕事──破壊活動や暗殺なんかの仕事のために、フランス国内に

 確保してある人員のひとりらしいわ。マチスの仲間が、もう残党の刈りこみにかかってるはずよ。

 あの三人は、あなたを殺せば二百万フランもらえることになっていて、連中に指令をあたえた

 連絡係というのが、正確に指令どおりやりさえすれば

 絶対につかまることはないといっていたんだそうよ」

 

ヴェスパーは、ウォッカをひと口すすった。

「ところが、面白いのはそこのとこなの」

(略)

**********************************************

★「007/カジノ・ロワイヤル」

  イアン・フレミング著 井上一夫訳 創元推理文庫 700円+税

  1963.6.21.初版 2000.5.19.60刷 新版2006.6.30.初版 2008.11.21.5刷

  P.84~85より抜粋

 

この部分をあえて抜粋したのは、「」の使い方がオモロイからだ。

上の2~4つ目の「」会話はすべてヴェスパー・リンドという、

ボンドが結婚したいと想った英国諜報部員の女の語りだ。

2番目の会話で、」がないのは、誤植かと思ったのだが、

実は誤植ではないのであった。

 

昔は、こういう書き方をしていたらしい。

他の箇所にも、同様な書き方が目白押し。

 

それから、ダニエル・クレイグ主演の同映画シナリオと違って、

イアン・フレミングの原作は、結末が大きく異なっていた。

正直、映画のシナリオの方が数段優れていると思う。

ということで、原作の出来映えは「新宿鮫」に遠く及ばないのであるが。

 

けれども、バカラの説明がわかりやすいのと、

ロシアの息がかかった悪役フランス人であるル・シッフルとの

バカラ対決は見所があると思われる。

 

また、版を重ねるごとに解説を書き換えていたようで、

杉江松恋というひとの書いたそれが、とてもイイ。

中でも、イアン・フレミングとレイモンド・チャンドラーとの関係が、

丁寧に紹介されている。

 

彼等はとても仲が良かったらしく交流が盛んで、

チャンドラーはイアンのことを、身内のように思っていたらしい。

書簡で証明されているというふたりの文学観の違いは、

現在の小説でも、かなり風化してきたとは感じるが通じるものがあったりする。

 

PS:10/15(木)立ち会いの気配をガラケーから感じて、

   売り買いスクエアにしようかと弱気になったのを、

   立ち会い直前数秒のところで留まることができた。

 

   そういう気配って、どーしてそー思ったのかと説明を請われても、

   説明できなかったりする。

   直感という他ないと思われる。

 

   「ヒトが情報を判断する際には、意識の地下2階が拠点となっている」などと、

   初っぱなからいきなり説いている書籍を、今ちょうど読んでいる。

   ダイバージェンスの極地かというような経歴を有するエレーヌ・フォックス女史による、

   ベストセラーな研究ノンフィクション「脳科学は人格を変えられるか?」。

 

   引き込まれるような豊富な切り口の語りを一瞬でも感じたヒトは、

   目次を見るだけでもう買うしかなくなる。

   オドロキの新知見を得られるだけでなく、

   ベストセラーになるヒントが、そこには凝縮されている。

   何重にもオモロイ仕掛けとなっているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登録日時:2015/10/16(06:00)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。