証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

地球猛獣群さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ(古い)1件目 / 全117件(新しい)次へ »

前日記の補足【古巣(核攻撃?の最大被害地点)に戻る危険性】

 2015年8月24日は、ドル円が、最大で概ね116円30~40銭レベルへと落ち込んだが、この地点(古巣)まで、戻る危険性については、どうなのか?言及し忘れたバウな。

 

 過去の変動幅の大きかった上から数えて10の変動例からすると、今世紀1日で4円超以上の下落を見せたもので古巣に到着したものは、概ね3カ月を要しなかったようである。まさに、核攻撃?の引力は、かくも凄まじきものなり。


 

※参考

http://stooq.com/q/d/?s=usdjpy&c=0

 

 

・【第一位】の場合、 08年10月24日⇒08年12月12日に御帰還。約49日?要した

(約90円94銭⇒約88円32銭)

 

・【第二位】の場合、 10年05月06日⇒10年07月01日に御帰還。約56日?要した

(約88円15銭⇒約86円95銭)

 

・【第三位】の場合、 08年10月28日⇒08年12月12日に御帰還。約45日?要した

(約92円48銭⇒約88円32銭)

 

・【第四位】の場合、 15年08月24日⇒目下未帰還継続中。上記3つより長いことはほぼ当確

(約116円35銭⇒???)

 

・【第五位】の場合、 08年10月06日⇒08年10月08日に御帰還。約2日要した。

(約100円24銭⇒約98円61銭)

 

・【第六位】の場合、 07年08月16日⇒07年08月17日に御帰還。約1日要した。

(約112円01銭⇒約111円61銭)

 

・【第七位】の場合、 02年03月07日⇒02年05月17日に御帰還。約71日?要した。

(約126円69銭⇒約125円61銭)

 

・【第八位】の場合、 00年03月31日⇒04年12月02日に御帰還。約4年9カ月?要した。

(約101円99銭⇒約101円83銭)

 

・【第九位】の場合、 11年10月31日⇒目下、未帰還継続中。恐らく、戻る事は無い?バウ。

(ドル円相場の完全なる今世紀の大底?の約75円55銭⇒???)

 

・【第十位】の場合、 00年03月01日⇒00年03月07日に御帰還。約6日要した。

(約106円54銭⇒約105円73銭)

 

・【第十一位】の場合、08年11月13日⇒08年11月20日に御帰還。約7日要した。

(約94円54銭⇒約93円66銭)

 

 

 上記を見るに、4円弱以上のドル円の変動(いずれも総円高振れ)があった場合、その変動の最円高の地点を下回る例が、下回らなかった例が圧倒している。それだけ、円高圧力の余波が強いという事。

 

パターンとしては、4つだ。

 

①日を置かず、1週間以内に、円高更新。(大半の場合)

 

②中期にわたり、真綿を絞めるやうに、1カ月半~2カ月強してから、時をかけて奇襲的に円高更新。(大半の場合)

 

③ただの1例のみではあるが、超長期(数年)かけて、円高更新。非常に確率は低い。

 

④ただの1例のみではあるが、超長期で見て、明らかに相場の大底(例、75円台の央)である場合は、円高の更新は無い。

 

 

・・・今回の場合、途中経過からすると、②番の確率が非常に高い。昨今、株価がふるえど、ドル高振るわずというのは、先の8月24日の約6円弱の核?攻撃の円高圧力の余波が強いためであらふ。

 

 もう8月24日に、賽は投げられている(主に魑魅魍魎米穀ファンド等の熊野郎聯合?による約116円35銭更新します宣言)のであるから、飼い方としては、この非常に強力なる円高誘引磁石の磁力の罠に吸い寄せられてお金を失わないやう、今、ロング等で相場を張るのは危険であろう。

 

せめて、7位の例の約71日くらい経つまでは、静観が寛容バウ。

 

 つまり、ドル円相場の大底でない事がどう見ても明らかである8月24日からの該当日でゐうところの、11月の雇用統計発表後あたりまでは、また、約116円35銭をつけてくる可能性が殊更に髙いバウなぁ。(もちのロンの低確率で杞憂で終わる可能性も有りますバウね。)

 

 もし、飼いの相場を張るのであれば、その11月初旬後、くれぐれも様子をみて張りなさい。熊側から見た相場感(野生の感)からの老婆心バウ。ばう、ばう~~~~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

    ドル/円
  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2015/10/09(21:31)

通報する

このブログへのコメント

1~3件 / 全3件

  • 通報する

    2015/10/11(14:53)

     猛獣も伊達や酔狂で日記は無闇矢鱈には書きませんバウなぁ。

     

    時間は貴重バウ。

     

     

     根拠が必要でしたら、根拠をば軽く御説明しますバウ。

     

     今回のドル円為替の動き(特に10月第二週)は、上記の【第七位】の時と近似して来ましたバウ。これをして、警告が必要との判断に至りました。

     

    ・【第七位】2002年3月7日最円高地点(約126円69銭)を起点としたその後の+推移。

     

    飼い方最大反撃地点=第17営業日目(2002年4月1日)+約7円19銭

     

    ・第30営業日目(2002年4月18日)+4円13銭

    ・第31営業日目(2002年4月19日)+4円02銭

    ・第32営業日目(2002年4月22日)+4円07銭

    ・第33営業日目(2002年4月23日)+3円55銭

    ・第34営業日目(2002年4月24日)+3円81銭

     

    ・今回の【第四位】2015年8月24日最円高地点(約116円35銭)を起点とした、その後の+推移。

     

    飼い方最大反撃地点(暫定)=第5営業日目(2015年8月31日)+5円24銭

     

    ・第30営業日目(2015年10月5日)+4円20銭

    ・第31営業日目(2015年10月6日)+4円22銭

    ・第32営業日目(2015年10月7日)+4円01銭

    ・第33営業日目(2015年10月8日)+3円76銭

    ・第34営業日目(2015年10月9日)+4円00銭

     

    ・・・上記のやうに、最早、今回も相場様に【第7位】の時と同じレールに乗せられてしまつた感が否めない。

     

     あくまでも、ニュースで騒がれる様な材料は相場決定への寄与度は2割でしかないのは世の習いバウ。おあとの8割は相場様自身が御決定になる。

     

     昨今の株高なれども為替動じずという現象は、あくまでも、株高は、飼い方(カモ)を誘い出すための陽動(ワナ)で、結局は、8月24日の円高地点更新を虎視眈々と狙つている可能性が有る。江戸(株高)のカタキを長崎(為替)で奇襲的に討たれないように注意すべきバウな。

     

     ちなみに、唯一、御帰還が無い、為替の大底(75円台央)の実績では、よく、100日底とは言ったものだが、約3カ月半強(約110日超)75円台央から+2~3円高の底練りを長々と続けた後、急に79円から80円台へと進撃を開始しているが、今回はその動きとはまるで異なる。

     

     また、唯一、御帰還に長い歳月を要した【第8位】の場合は、上記に示した、第30営業日目~第34営業日目の動きを見るに、

     

    ・起点 2000年3月31日 約101円99銭

     

    ・30(略) 約110円06銭 +8円07銭

    ・31    約109円05銭 +7円06銭

    ・32    約109円57銭 +7円58銭

    ・33    約109円89銭 +7円90銭

    ・34    約110円02銭 +8円03銭

     

     今回や、【第7位】の時と比較にならないほどの約倍ものドル高を誇示しており、それと同じように力強い上昇を今回も続けていくには、いかんせん差異が有り過ぎる。

     

     しかも、今回の飼い方の最大反撃地点は今のところ、【第7位】比で、約2円弱も極めて弱いので、今回も結局は、70日超ほどをして、熊共の餌食を迎える危険が有る。

     

     

     現在、ロング等をしている、飼い方の皆々様で、あと4円もまた円高になるわけが、ね~~べ!と御目出度く、タカをくくつてゐる方々は、2002年の4月半ばに同様に思われていた方がたの二の舞にならない様、充分注意されたい。

     

     

     嫌の事を書いてるようですが、結局、大底でもない限り、核?攻撃のブーメランは必ずと云って良いほど返って来るものなので、そのような、魚の小骨みたいな懸念事項は、どうせなら早く無くしてしまったほうが、長期的に見て飼い方にとっても、変なジンクスから解放されるので大変に良い事に他なりませんバウ。

     

    バウ、バウ~~~~

  • 通報する

    2015/10/15(20:54)

     

     直近下げ過ぎ(急速過ぎる円高)ですので、【第7位】のジリジリ下げの動きと大きな差異が生じましたバウ。動きとしては、乱暴と云うか、短気に過ぎますバウな。

     

     

     よって116円台に突入するかは、非常に懐疑的となりました。1~3位の日数は超過してますし、今回は、恐らく杞憂となるかも?判りません。

     

     ボツボツ少量ずつ、ロング飼いばうかね。下げたら少しづつナンピンバウ。

     

    ばう、ばう~~~。

     

     

  • 通報する

    2015/12/08(20:21)
    もうじゅうぐんさま、そろそろみんかぶにご帰還されるのでしょうか?
    首を長くしてお待ちしております。
    ・・・当方のことはすっかりお忘れでしょうか?w

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+1.2%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

66.4 33.6
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,426.08

▼ -87.04

TOPIX

1,477.98

▼ -5.29

JASDAQ総合指数

118.92

▼ -0.75

米ドル/円

113.47

▼ -0.64

ユーロ/円

121.09

▼ -0.54

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ