元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ153件目 / 全1700件次へ »

秦の始皇帝、本当の姿

ナンパオの大本が始皇帝ということで、

前々からどんな人なのか興味があった。

 

そんな折、フラリと立ち寄った古本屋で、

「始皇帝 ~中華帝国の開祖~」という書籍を見つけた。

半年以上、積ん読になっていたが、このあいだ読んでみたら、

なんとこれが大変にオモロイ。

 

始皇帝という人は、毀誉褒貶が大きいとは聞いていた。

この書籍を書いたのは、安能努(あのうつとむ)という人で、

相当な始皇帝ファンらしい。

かなり好意的な視点で、始皇帝のことを描いている。

 

★「始皇帝 ~中華帝国の開祖~」

  安能務著 文春文庫 1998.8.10.第1刷

 

始皇帝は、万里の長城ほか、土木工事のやり過ぎで

人民から恨みを買っていたという説がある。

 

著者はこれに反論。

土木作業に引っ張り出されたのは、

不正を行った役人を主とした関連者であって、

真面目な一般人には手を出していないのだという。

 

また、始皇帝は冗談の通用しないクソ真面目な人だったという。

ほとんど不眠不休で仕事をしたのだという。

その主な仕事は、不正を行った役人の摘発だったらしい。

 

なんとなく、現在の習近平に姿がダブって見える。

南シナ海で砲台をこしらえているのが江沢民一派だったら、

物事がはっきりしてわかりやすいのだけれども、

実際のところは、どーなんだろうか。

 

この著者によると、

秦が滅びたのは、始皇帝亡き後の跡目争いのこじれが元凶だという。

始皇帝の嫡男が、陰謀にあって謀殺されてしまったのだという。

 

いかさまでこしらえた皇帝は、幼く実権もなく、

結局、首謀者によってこれまた謀殺される。

この隙を突かれて、秦は滅亡したという話であった。

 

その後は、北方謙三親分などが書いている三国志になっていく。

 

PS1:ネットでは、始皇帝が国民の恨みを買ったために滅んだという説を見た。

    けれどもオイラは、安能務の説を信じたい。

    そして、オイラの背後霊になっていただきたいw

 

PS2:ナンパオの原姿について、何か詳しいことが書いてあるかと期待したが、

    徐福など利用して、不老不死・仙人の薬を探し出すという件しか書かれていなかった。

 

 

 

 

登録日時:2015/08/22(01:33)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。