ニッパチの星さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ29件目 / 全341件次へ »

肩代わりは悪いことでは無い、但しその負担に耐えられるか

安保法制案が成立すれば、A級戦犯が合祀されている靖国に閣僚が参拝しても、米国や韓国からのクレームは大幅に減少するような雰囲気です。

恐らく愛国心が強く優秀な米国・韓国の方々のアイデアだと思います。

一方、日本はオレオレ詐欺が無くならず、3%の消費税延期で、食料品等が10%以上値上がりしていても誰も文句を言わない、お人好しの国民性の様です。

また、米国のリスクの肩代わりで自衛隊及び国民の負担は多くなりそうですがそれも受け入れる雰囲気です。

韓国に対しては、北朝鮮の脅威の肩代わりを期待されているものと推察されます。

日本国民は一度立ち止まり冷静に考える必要があります。

先の戦争では、祖国・家族を守るために相手国と戦い、多くの人を殺し一時は優勢にありましたが、結果的には、相手側の報復により、多くの国民が犠牲になりました。

これと同じ過ちをしようとしているのでは?と考えます。

今すべきことは、中国に海洋進出を止めて頂き、日本は安保法制案をとりあえず廃案にすることだと思います。

詳細は昨日の日記参照願います。


  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2015/08/02(06:06)

 通報する

このブログへのコメント

1~7件 / 全7件

  •  通報する

    2015/08/02(06:28)

    訂正 2%の消費税延期でした。

  •  通報する

    2015/08/02(10:04)
    おはようございます

    はじめまして

    平和思想、理念毎週読まさせて頂いています

    自分の思想、信条理念を書くのは勇気ある行動だと思います

    私は貴方と真逆の考え方の人間ですが、戦争肯定も否定もしません

    いろんな考え方や思想、信条理念があって良いと思いますが、ひとつお聞きしたい事が有ります

    貴方は毎週中韓と仲良く、中韓の嫌がらる事を日本政府はしない事と言いますが日本はずーっと中韓の顔色を窺って、謝り続けて行かなくてはならないのでしょうか?

    そして、今日書かれているように中国の海洋進出をしないようにお願いして、中国が聞き入れてくれるのでしょうかね?

    どのようにすればこのまま平和な国でいられるのか具体例をお聞かせください
  •  通報する

    2015/08/02(16:34)




    ルパン さんコメント有難うございます。 私は単純に日本の繁栄を願うものです。


    > 貴方は毎週中韓と仲良く、中韓の嫌がらる事を日本政府はしない事と言いますが日本はずーっと中韓の顔色を窺って、謝り続けて行かなくてはならないのでしょうか?


    > そして、今日書かれているように中国の海洋進出をしないようにお願いして、中国が聞き入れてくれるのでしょうかね?


    > どのようにすればこのまま平和な国でいられるのか具体例をお聞かせください< 現状の政府の安保法制案は違憲の可能性が高く、近隣諸国との緊張を高める可能性がある為、一旦廃案とし、日米安保の強化の為に、現状の日米安保条約を米国民が納得できるように対等?にし、多くの憲法学者が合憲と認めている維新案に近いものに変更し、集団的自衛権では無く、専守防衛に徹し、個別的自衛権(国際的には集団的自衛権になるかもしれないが?)の範疇で米国の反撃に参加出来るようにすべきと考えます。世界平和への貢献は国連のPKOに限定し強化すべきと考えます。


  •  通報する

    2015/08/02(16:38)

    ルパン さんコメント有難うございます。

    1,2項も何度もコメントをお返ししましたが消去されますので、申し訳ありませんが諦めます。

  •  通報する

    2015/08/02(17:15)
    御丁寧な御回答ありがとうございます

    いちばん知りたかった所が削除されて残念です
    安保法案は違憲と日本の憲法学者の多くはそのような事を言っていますよね

    しかし、日本の国際政治学者の方は合憲との意見も有ると聞きます

    憲法解釈でそのように成るのでしょう

    私は難しい事は分からないですが、今の憲法も違憲だと思っています

    反対する為だけの野党やメディアでは無く、日本憲法を見直すべきではないでしょうかね?

    野党やメディアは戦争法案だと言います

    しかし、戦争しますや徴兵制度をしますとは言っていないと思います

    しかし、報道はこの法案が通れば、徴兵制度になるとか、すぐに戦争するかのような報道は如何なものかなと思っています

    これも反対派の憲法解釈のねじ曲げでしょう

    戦争突入にならない為の議論がなくただ反対すれば良いと思っている野党やメディアは本当にこの国の将来を考えているのでしょうかね?

    憲法9条が有ろうが無かろうが、相手国には関係ない事だと思います
  •  通報する

    2015/08/09(06:19)

    ルパン さんコメント有難うございます。再度トライしました。
    > 貴方は毎週中韓と仲良く、中韓の嫌がらる事を日本政府はしない事と言いますが日本はずーっと中韓の顔色を窺って、謝り続けて行かなくてはならないのでしょうか?

     


    > そして、今日書かれているように中国の海洋進出をしないようにお願いして、中国が聞き入れてくれるのでしょうかね?


     


    中国は現在近隣諸国と海洋進出等で関係が悪化し、海外からの投資も減少傾向にあると思われます。戦前の日本と似たところが有り、このまま拡張路線を継続すれば、中国及び日本を含めた近隣諸国の互恵関係が悪化し繁栄が損なわれます。中国は広大な領土、優秀な人材、強力な経済力があり、拡張路線をとらなくても、国際ルールを守って繁栄することは充分可能だと思います。よって今後の中国及び日本を含めた近隣諸国の繁栄の為に、海洋進出を止め平和的解決を図って頂きたい。



    > どのようにすればこのまま平和な国でいられるのか具体例をお聞かせください


    < 現状の政府の安保法制案は違憲の可能性が高く、近隣諸国との緊張を高める可能性がある為、一旦廃案とし、日米安保の強化の為に、現状の日米安保条約を米国民が納得できるように対等?にし、多くの憲法学者が合憲と認めている維新案に近いものに変更し、集団的自衛権では無く、専守防衛に徹し、個別的自衛権(国際的には集団的自衛権になるかもしれないが?)の範疇で米国の反撃に参加出来るようにすべきと考えます。世界平和への貢献は国連のPKOに限定し強化すべきと考えます。

  •  通報する

    2015/08/09(06:23)
    再度トライしましたが①項は消去されました。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。