元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ149件目 / 全1667件次へ »

アヒルという渾名の女

あの晩も、オイラはヘベレケに酔っていた。

自分自身のしっかりとした意識は、すでに全体の30%を割っていたと思う。

なので、あの晩の記憶は断片しか残っていない。

 

どこかのバーの前で、

オイラはその見知らぬ女とハチ合った。

見つめ合うこと、20秒くらいだったと思う。

「・・・・・・なんか、食べる?」

オイラの方から切り出した。

「行く行く!」

女は、あっさり付いてきた。

 

初めて出会ったノラネコ同士が仲良くなるのも、

こんな感じじゃないかと思った。

 

代行を呼ぶまでの小一時間だったと思う。

サンライズという、朝までやっているバーに入った。

生まれ星座を尋ねると、オイラと相性のイイ星座だとわかった。

気がついたら、連絡先を交換していた。

 

その時に、オイラは渾名をつけてあげた。

アヒル唇をしていたので、アヒルちゃん。

アヒル唇な女をみると、オイラは妙に萌えてしまうのだ。

 

アヒルちゃんは、「婆’sBAR麗衣子」の店員だという。

いつもの嗅覚が働いて、

後日、オイラは「婆’sBAR麗衣子」に向かうのだった。

 

 

 

 

 

 

 

登録日時:2015/06/20(00:27)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。