収益性
54
活発度
0
人気度
51
収益量
50
投稿量
50
注目度
50

tetsuyaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2件目 / 全3件次へ »

アメリカと日本のマーケット。

日本株が荒れてる。
最近は、(1)ギャップアップ・ギャップダウンの連続。
そのほとんどが、アメリカDOWと為替に引っ張られている格好。


書きたいことはいろいろあるけど、順番に。



今日も、新築住宅件数の指標が市場予想を下回ったせいで
DOWは大幅安。現時点で、-285ドル安。

でも、改めて考えればこんなの近い将来訪れるリスクだって
わかっていたこと。(2)サブプライムサブプライムって言われてるけど、そんなのもっと前からわかっていたこと。


それなのにも関わらず、ダウは12000$台を抜け、
高値更新を続け、13000$もあっという間に駆け抜け
ついに、先日14000$まで来てしまった訳だ。


で、今更になって
住宅市況のnegativeな発表が続いたことで急落してる。
ちなみに、最近の決算は悪い企業もあったけど、良い企業もあり
そんな悲観すべきほどではないと思う。


ただ、上昇ピッチが早かったので、確かに、数ヶ月で
高値更新から14000$はちょっとあがりすぎだと思ってたので下落は当然と言えば当然だから、全く構わないんだが


問題は日本。ってか振り回されてばっかりの(3)CME。

日本は、上海から始まった2月の世界同時株安の高値の水準を抜けてない唯一の国って言っても過言ではない。
NYが上げても、ついていかず、NYが下げるときはガツンと下げる。今日のDOW-250ぐらいの時、CME-500円超してた。


有り得ない。
-500円って言ったら、1年に一回あるかないかの下げ幅。
ザラ場中だって最近じゃめったに-500円はおがめない。
それが、CMEで当たり前のようについている。
まあ、確かに一気に円高が進んじゃったり、週末選挙あったりって言うのはあるだろうけど、いくらなんだってやりすぎだと思う。CME1週間ぐらいで1000円下げだぞ。


日本は今週来週決算発表が相次ぐけど、今週発表した会社も軒並み堅調。改めてファンダメンタルの底堅さを確認できた。(為替想定レートより円安だったということもあるだろうけど)


でも、今の日本のマーケットにはファンダメンタルなんていうのは、興味がないみたいで、関係なく売られてしまうし、ザラ場中も、先物に仕掛けが入ると、簡単に売り崩される。
弱い。弱すぎる。これじゃ相手にならない(笑)



ひとまず、明日は相当安いことを覚悟しないとまずい。
さらに、この数日前からの暴落のおかげでチャートはぶっ壊れた。17000円割ったりしたら、ホントに怖すぎる。


個人的には(4)ロングなんだけど、こんなにも相場がぶっ壊れていると、(4)ショートに回らざるを得ない気分になる。


ああ、そうだ。
最後に一言。
韓国指数は2000ポイント超して年初から40%もあがってる。
今回の日経が崩れてる間も、韓国は堅調堅調。
終わったと思った、上海も再び復活して、今まさに高値水準。高値更新中なのはインドも同様。


アジアでも出遅れている日本。終わったか・・・


明日、寄り付きポジションとろうか迷いどころだ・・・


ちなみに、さっきCME-600円越えた。
おいおい、テロの時だってそんくらいだぞ。
今回そこまでじゃないだろ。しかも、もうすでに-600
くらい下げてるだろ。やりすぎだよ。こーじ。



書きたいこと山ほどあるけど、きりないから。やめる。


おやすみ。



(1)ギャップアップ・ギャップダウン
前日の終値より上げたり下げたりして始まる場合。


(2)サブプライム
信用度の低い人に貸している住宅ローン。焦げ付きそうで危ない。ちなみに、野村は失敗して、2四半期で700億の赤字。

(3)CME
シカゴの先物取引。日経先物があるので、CME日経先物で翌日の予想がほぼできる。

(4)ロング・ショート
ロング=買い、ショート=売り
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2007/07/27(01:34)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。