元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ176件目 / 全1683件次へ »

「太宰治の辞書」

二宮駅に着いたのは、六時半頃。

 

正ちゃんからすれば、その辺が、やり繰りして何とか早めに来られる限界になる。

滅茶苦茶に忙しく、学校を出られるのはいつもなら七時半から八時過ぎだという。

仕事というのは、やろうとすれば幾らでも出て来るものだ。

 

ホームに降りて見回すと、記憶よりずっと大きな駅だ。

二階の改札口の向こうに、正ちゃんが待っていた。

 

白いシャツに紺のスーツで、いかにも堅いお仕事の人らしい。

私を見て、《うむ》というように頷く。

「久しぶりだな」

相変わらず男っぽい横柄な口調だ。

 

「今度は、江美ちゃんも入れて、本当のお久しぶり会をやりたいね」

学生時代、三人娘で行動していたのが江美ちゃんだ。

九州の人になってしまったので、おいそれとは会えない。

 

私は、きょろきょろと辺りを見回す。

「どうした」

「何だか、立派になったような気がして」

「あたしが?」

「駅」

 

「そんなに変わってないぞ。コンビニが出来たくらいだ」

「エスカレーターは?」

「江戸時代にはなかったな」

 

商店街の歩道を、正ちゃんに誘導されて歩く。

途中から、車の通りの多い広場に出る。

 

「どこ行くの」

「魚のうまい店だ」

「シマアジ?」

正ちゃんの好物だ。

 

「最近は、マハタがいいな」

「マハタ・・・・・・」

海のない県で育った者としては、《何それ》と思う。

 

「夏のマハタはいいぞ。こいつを厚く切ってもらうんだ。

 身に弾力があって、上品な甘みがある。

 秋になっても、これが──」

 

*******************************************

 

この後、正ちゃんの実家で二人して飲むことになる。

二宮名物の《うでピーナッツ》も登場してきて、

オイラも二宮で飲みたくなるのだった。

 

★「太宰治の辞書」

  北村薫著 新潮社 1,500円+税 2015.3.30.発行

  「女生徒」P.77~78より抜粋

 

抜粋したところは、ほんのサブ材料的な部分だ。

男っぽい話し方をする正ちゃんが気に入ったのと、二宮の材料マハタがオモロイと思った。

それと、ユーモアのある会話も。

 

実はこの書籍、「乱読のセレンディピティ」的な、

太宰治に絡んだ推理エッセーになっている。

 

その途中、萩原朔太郎の詩や三島の話なんかも出てきて、

読んでいてなかなか楽しい。

文学に興味のある人には、ページが止まらないと思われる。

 

新聞書評で見て、オイラの嗅覚が働いた。

やっぱり、当たりだった。

 

太宰作品の抜粋が散りばめられている。

その文章《女生徒》には、たしかに萌える何かがあった。

でも、その実体は・・・。

 

ホントウにオモロイ。

しかもその主戦なオモロサに、副次的オモロサが蔦のように絡まり合って、

文学的な豊饒さが漂っている。

 

北村薫の作品を、もっと読んでみたいと思う。

 

PS:「サリンジャーと過ごした日々」が、日経の書評になっていた。

    先にブログにしていたオイラは、ちょいと鼻が高くなっている。

 

 

 

 

 

登録日時:2015/05/18(01:17)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。