収益性
0
活発度
0
人気度
50
収益量
0
投稿量
54
注目度
53

WEBさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ93件目 / 全204件次へ »
ブログ

下げ相場

なのか?終わってみれば全然マイナスになっていないです。

久々に日記を更新します。
サボっているわけではないのですけどね。

外資系動向 売りが強め
売買代金 今年最低

今年初めの暴落時に同じような現象が起こっていましたが、今日はなぜ売買代金が少なめだったのでしょうかね?不思議に思いました。

最近相場が14000から14500でレンジ相場を形成しており、市場が加熱感を持って上昇しそうな気配だったので、個人的には密かに「下げるのでは?」と思っていました。個人的に上昇トレンドは歓迎しますが加熱感は歓迎しません。
ちなみに下げた材料は金融不安と更なる原油高懸念というものでした。その中で気になったのがポンド(イギリス)です。消費者物価指数の予想から外れた急激な上昇が利上げを迫っています。しかしポンドは上値が重くなってきている。これは最近金融不安が再燃しているからだといわれています。アメリカとイギリスの金融機関の損失ばかりが注目されるのが非常に不思議なところですが、とにかくこの2国は上昇基調になると不安材料が顔を出しますね。ユーロ円は最高値の168円に近づいていますが、ポンド円は現在212円で最高値の240円からはほど遠い数値ですから、まだまだ弱い感じを受けます。ユーロポンドやユーロドルで売買している人には簡単な相場ですね。


保有ポジションとか:
色々調べていく内に結局株に投資するにはPL(損益計算書)とBS(貸借対照表)を見る能力が必要だと実感しました。
注)ここでいう投資とはギャンブル的な要素がない投資方法のことです。
なので株は未だノーポジです。
代わりに為替のポジションはあります。
こちらは下がったらナンピン予定で買ったのですが、またしてもナンピンの機会なく上昇したのでいつもの通りショボい利益(未確定)です。

今後の見通しとか:
個人的には下げて皆が悲観になっているときこそ上昇するものと思っています。特に売買代金が少なめの今は上昇するものと見ています。本当に暴落する時は去年のお盆明けからの急激な下げや年初の下げのように初動が既に急激ですから、今回の続落は大した下げとは見ていません。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。