jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ369件目 / 全1494件次へ »

★高橋洋一さんの転向?と左傾化の未来(子供の未来、50年後)

 脱藩官僚・高橋洋一氏の最近のtwitter

 巨額財政出動を主張(ばらまき政策推進)
 ピケテイ著「21世紀の資本」を礼賛
   (投資収益への官僚統制に賛同。資産税?投資課税強化? 投資収益率を政治的に抑えれば、
    労働収益率も下がり、労働者・経営者のリスクは増すのにそれが分かってない。 これは
    社会主義経済で起きることと全く同じ。 経済破綻表出の先送りで破綻規模は肥大化する、
    リスクは増大する)
 実質レート円安の是認(今は十分な円安?)、、、東大教授・伊藤元重論説に類似?

 現実の経済を分かってないヒト=ローリスクローリターンの消費者・労働者としての経験すらないヒト(投資家もしくは起業家経験ゼロ)=出来損ないの経済学者や官僚・マスコミの現実離れした経済分析に近づく
  (日本では学者も官僚もTV・新聞業界人もローリスクハイリターンの特殊な世界、市場原理から
   隔離された特殊な世界に生きてるので、自らハイリスクハイリターンの投資の世界に二股かけ
   るヒトでない限り、現実の経済はよく分からない。 サラリーマン経営者=アマチュア経営者
   が増え、業界協調=談合=起業家つぶしも横行すると、経営者も経済音痴だらけになる)。 

 高橋氏も左方向に転換?
 財務官僚の指向に近づく?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 財務官僚(灯台閥)の圧力はすごい
 増税延期前の安部包囲網、、、bloomberg記事より

 税金から多額の給料をもらいつつ、省益(私益)追求に官僚総出で時間(勤務時間?)と労力を割き、安部包囲網のローラー作戦

 公私混同、職務背任(反国民益)の極み

 会社で言うと、特定部署が勝手に動きまくって取締役会や社長を言いなりにしている構図
 もはや組織の体をなしてない財務省。 単なるチンピラ集団もしくは現代の宦官(かんがん)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 高橋さんの転向?は税務経由?もしくは大学経由?

 日本の大学は報道(TV・新聞)、役所と並び市場原理が働かない世界
 市場原理が働かない世界では閥の不正がはびこりやすい(灯台閥支配)
 市場原理が働かない世界では左翼カルトがはびこりやすい

 左翼思想は閥の支配、特権階級支配に非常に都合が良い思想(上部構造が下部構造を徹底管理)
 私有財産を管理されるので、官僚支配に抵抗する民間勢力(自己努力による富裕層)はつぶされる
 民間経済の官僚統制化(業界団体の協調=談合を役所が差配)、、、自由経済競争の停滞、、実質的な社会主義化

 派閥益の維持、増大を考えるならば、灯台閥の左翼カルト化は必然的

 官報学の世界が灯台閥に抑えられ、教育の左傾化も進んでいるので、左傾化の流れは変わりにくい
 何が左傾化かも分からない状況に。 左傾化の弊害が分からない状態に。
   (経済的自由、自由な経済競争(社会貢献競争)の消失=市場原理のひずみ増大=左傾化。 
    協調・連携は左傾化と紙一重。 左傾化=家畜化)

 ネットの世界で少数のヒトが誤りを指摘するのがせいぜい
 ネット書き込み者の特定(ここもそう)もしくはネット荒らし(ネトウヨ≒ネトサヨ)によるネット言論つぶし

 教育の左傾化でまともな書き込みも減っていく。
 何がプラスで何がマイナスかも分からなくなる
 (目先とごく近しい周囲の利益しか見られなくなり、目先利益も周囲の利益も右肩下がり化)
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 左翼カルトの社会主義的経済政策と融和主義(平和第一主義)は亡国への道

 社会主義化で経済低落=防衛力低下=同盟も空洞化
 融和主義で外交的孤立化
 援助外交、経済空洞化政策(インフレ率2%未満の円高水準を維持)で発展途上国的体質のまま強大化する周辺国

 中国経済成長(高成長は終わっても日本経済より高い成長率)
 米国への中国系移民の増大(民主化勢力の亡命)
 米国世論における米中融和論の高まり
 米国経済のアジア依存、米中連携、アジアの米中共同管理化

 対外的に弱体化した日本は米中連携の下で従属的に平和維持(中国経済の緩やかな浸透)
 強者同士の連携は安定的、持続的で弱者は割りを食い続ける
  
 社会主義化と経済空洞化政策による経済成長低迷で相対的に貧しくなる一般国民
 経済空洞化政策で都市も地方も経済的に地盤沈下
 地方経済衰退で都市部へ人口流出
 都市への一極集中是正で都市部経済もさらに停滞
 階級化(灯台閥=官報学の特権化)と貧困化の進行

 内憂外患の増大

 左翼カルトの自爆政策(経済低落の社会主義的政策、融和主義での対外譲歩)への国民反発

 日本国民の反発を防ぐための多民族化政策を推進
  (移民を増やして日本国民を抑えさせる、、現在の報道、役所のコリアンシフトがさらに
   ひどくなった状態へ)
 対中国融和のための多民族化政策=中国移民増大=平和時の緩やかな侵略=民族浄化
 
 日本の世界市民化=国内の多民族化=実態は中国化
 日本文化の消失

 現代版華夷秩序で三等民族化する日本人(米国・中国>韓国>日本)
 左翼カルトの灯台閥は中国、韓国に同化、吸収され、抵抗する勢力は徹底迫害(拷問)
   、、、内モンゴルで1940~1970に起きたことの焼き直し
       (1970に内モンゴル自治区解体、周辺省への分割吸収、大弾圧。 1947に内
        モンゴルの独立阻止、自治区創設に動いたモンゴル勢力(多民族の中国を信じた勢
        力)すら1966には失脚、弾圧される。 1979に名ばかりの自治区復活で漢
        民族への民族浄化、自治区消滅を対外的に誤魔化し。 実態は自治は存在しない)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 上記は妄想か?
 2000年時点で2014年の状況は全く想定されてなかった(今や中国GDPが日本の二倍化)

 財務官僚・日銀官僚の円高政策による経済凋落はすさまじい
 教育左傾化での国民愚民化もすさまじい。 福祉ばらまき渇望化=役所依存化=左傾化。 連携・協力の建前で自由な経済競争を回避=イノベーション低迷。
  (1980年代の中曽根改革への反発で、1990年代以降、日教組・左翼マスコミによる教育
   の左傾化運動はむしろ強化された、、、ゆとり教育、歴史ねつ造。 現在は、知識偏重是正の
   建前でネオゆとり教育に移行する過程か? 日教組は依然強く、教員人事への影響力も強い)

 円高政策の微修正=低インフレ目標政策(1%インフレ)でも、技術・ノウハウ流出は止まらない。 日中経済規模格差が2倍化した現在では、ゆるやかな技術流出でも日中経済格差はどんどん広がっていく。

 ばらまき政策=増税政策での官製経済肥大化=実質社会主義化により、更に日本経済凋落

 50年後は2000年~2014年の3倍以上の期間。 今の子供たちの時代
 前半の変化は緩やかだが、日本弱体化が決定的になった後半の変化は加速度的に急速になるだろう(これは2000~2014もそうだった)

 地方のヒトは、地方社会維持どころか先祖代々の墓守りすら出来なくなるだろう。



(補足)投資家(資本家)叩きと反グローバリズムの行く末: 社会のリスクを一身に背負う投資家を排除もしくは抑圧する社会は、ほとんど労働者(起業家以外の経営者も労働者の一種)と消費者だけの世界。 これは前近代と類似の状態で、誰もリスクを負わないゆえ、リターンは小さくなる。 それゆえ投資家(資本家)排除の社会主義経済は停滞する。
 そのうえに反グローバリズム=経済鎖国に走ると、これは中世封建社会と似た状況になる。 経済は更に停滞し、国家は凋落する。
 重要なのは格差是正(金持ちたたき、投資家叩き、起業家つぶし)でなく、不正つぶし(市場原理のひずみ排除。ひずみは官僚とその取り巻きに集中)。 金持ちでも不正なく、リスク・才覚・努力による資産は当然守られるべきである。
 最近のように灯台閥出身の官製起業家(役所補助あり。成長戦略への官僚悪のり)が横行するようでは、まともな起業家、ほんとの起業家はつぶされることになるでしょう。 
 

(補足)ローリスクハイリターンの世界の住人の特徴(日本では官僚・TV新聞業界・大学): とにかく繁忙に見せる。 実際、忙しいのかも知れない(ーー; しかし、その繁忙は職務背任、反国民益方向の忙しさ。 ほとんどは逆噴射のなんちゃって繁忙である。 まともな方向でのんびり働いてもらった方が社会には有益。 それだとローリスクローリターンになるからイヤ?
  

登録日時:2014/12/28(11:37)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。