元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ221件目 / 全1681件次へ »

稲荷な詩人の再発見

書籍のタイトルが風変わりだった。

現代詩というものに、まったく疎かったのも手伝って興味が湧いた。

デイヴィッド・ロッジ「小説の技巧」を読むのに疲れると、

その詩人の書籍を開いている。

 

ひねくれ者なオイラは、終わりから目をとおす。

 

そこに載っている年譜をみて驚いたのは、

その詩人が幼いころから、京都の伏見稲荷へ参拝したという記述だった。

彼は4歳の時から二月午の日になると、両親に連れられ伏見へ行っている。

 

また、稲荷な作家である永井荷風を敬愛しており、

晩年は鎌倉に住んでいたというのも、親近感を持たせる。

エッセイの中に、藤沢の遊行寺が出てきたりする。

地元の人間は彼を知れば、どーしたって贔屓にするだろう。

 

この稲荷な詩人のことを、文中で紹介するのは元編集長な作家の永薗安浩という人だ。

永薗はこの稲荷な詩人と仕事をした仲で、酒友でもあったようだ。

色川武大と伊集院静の関係に、ちょっと似ている。

 

**********************************************

 

「帰途」

 

言葉なんかおぼえるんじゃなかった

言葉のない世界

意味が意味にならない世界に生きていたら

どんなによかったか

 

あなたが美しい言葉に復讐されても

そいつは ぼくとは無関係だ

きみが静かな意味に血をが流したところで

そいつも無関係だ

 

あなたのやさしい眼のなかにある涙

きみの沈黙の舌から落ちてくる痛苦

ぼくたちの世界にもし言葉がなかったら

ぼくはただそれを眺めて立ち去るだろう

 

あなたの涙に 果実の核ほどの意味があるか

きみの一滴の血に この世界の夕暮れの

ふるえるような夕焼けのひびきがあるか

 

言葉なんかおぼえるんじゃなかった

日本語とほんのすこしの外国語をおぼえたおかげで

ぼくはあなたの涙のなかに立ちどまる

ぼくはきみの血のなかにたったひとりで帰ってくる

 

**********************************************

 

★「言葉なんかおぼえるんじゃなかった ~詩人からの伝言~」

  田村隆一(語り)・永薗安浩(文) ちくま文庫 880円+税 2014.11.10.第一刷

  P.48~49より抜粋

 

浅田次郎「月島慕情」を読んで以来、

久しぶりに魂を揺さぶられるような衝撃と心地よい余韻が、この詩にはある。

 

 

 

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    田村隆一 帰途
登録日時:2014/12/22(00:20)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。