元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ216件目 / 全1667件次へ »

削って、削って。 スティーブン・キング編

養老孟司はスティーブン・キングをよく読むと、書籍で語っていた。

まだまだ小説を読むという経験時間の少ないオイラにとって、彼はよく知らない作家の一人だ。

 

いま手にしている書籍の表紙には、そのスティーブン・キングが写っている。

彼は両足をデスクの上に投げ出して、腿の上でペンを走らせている。

なかなか筋骨質な体をしている。

デスクと椅子のあいだでは、愛犬がこちらに顔をむけている。

 

彼の作品をまだ一冊も読んでいないというのに、

オイラは彼を、自分の教師として雇うことを決めた。

 

★「書くことについて」

  スティーブン・キング著 小学館文庫 800円+税 2013.7.10.初版第一刷

 

彼の履歴をみて、そうだったのかと思う。

「キャリー」や「シャイニング」を書いた作家だったのだ。

両作品とも、幼い頃に映画で視たことがある。

 

前半では、彼の自伝的な話となっていて。

なかなかユーモラスな表現をしている。

こうした表現は、米国人作家によくみられるスタイルなのだと認識している。

 

初っぱなの方で、「文章は削って書け」という北方謙三方式が披露される。

「キャリー」が初めて大きな金額で契約された段、オモロイ。

 

後半で、いよいよ「書くことについて」の彼による信条が語られてくる。

「受動態は極力避ける」、「地の文で副詞を多用しない、いや使うな」まで読んだ。

「お願いだから、そうして欲しい」などと、頭まで下げられてしまった。

 

同時にネットで読み込んでいる、某ベテランシナリオライターの語っていることと、

重なり合う部分も目にすることができて、興奮している。

 

187ページの部分に、オイラは今いる。

目の前には、スティーブン・キングがいて、オイラに向かって語りかけてくる。

受講料がたったの800円でイイなんて、彼は太っ腹な男だ。

 

残りの225ページが、楽しみで仕方がない。

 

 

登録日時:2014/11/30(23:32)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。