収益性
62
活発度
0
人気度
0
収益量
53
投稿量
50
注目度
50

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ672件目 / 全3594件次へ »

2014年11月13日(記録のみ)

日経平均 ; 17392.79 (+195.74、3日続伸)
TOPIX ; 1389.51 (+12.46、3日続伸)
JASDAQ指数; 2324.03 (-11.89)
マザーズ ;918.94 (-13.68、2日続落)

本日も記録のみ。更に続伸ですが、この辺全て7年1ヶ月ぶり水準という表現になるんですね~。当時は株始めてちょうど1年くらいで、すでにマイナス抱えてたなあとか考えると、時の流れを感じますね。

-------------------------------

日経平均195円高、先物主導で上げ幅拡大、約7年1カ月ぶりの高水準=13日後場
11月13日(木)15時29分配信 モーニングスター

 13日後場の日経平均株価は前日比195円74銭の1万7392円79銭と3日続伸。終値ベースで07年10月11日の1万7458円98銭以来約7年1カ月ぶりの高水準となった。後場に入ると上げ幅を拡大。政治家の発言を受けて、衆院解散や消費税増税先送り思惑から株価指数先物に買いが入った。菅義偉官房長官の午前の記者会見を受けて消費税増税先送り観測が強まったほか、時事通信が「自民党の大島理森前副総裁は13日、『いよいよ首相も決断し、(国民の)信を問うことが決定したとみていいのではないか』と述べた」と報じ、衆院解散観測が強まった。

 利益確定売りに押されて上げ幅を縮小する場面もみられたが、引けにかけて再び強調展開。大引け間際に同203円72銭高の1万7400円77銭とこの日の高値を付けた。東証1部の出来高は24億6788万株。売買代金は2兆5665億円。騰落銘柄数は値上がり1297銘柄、値下がり433銘柄、変わらず103銘柄。

 市場からは「25日移動平均線からのプラスカイ離率が10%近くとなり、さらに買えるのか疑問もあるが、先物主導の展開のなかで、テクニカル面は無視した動きとなっている。いつ一服してもおかしくはないと思うが、選挙や増税判断が決まるまでは、このような地合いが続きそうだ」(オンライン証券)との声が聞かれた。

 業種別では、日水 <1332> 、サカタのタネ <1377> など水産農林、三菱倉 <9301> 、住友倉 <9303> など倉庫運輸関連、クレセゾン <8253> 、オリックス <8591> などその他金融が東証業種別株価指数で値上がり率上位。個別では、ASB機械 <6284> 、DNC <4246> 、ニチイ学館 <9792> 、新日本建 <1879> などが東証1部値上がり率上位。資生堂 <4911> 、高島屋 <8233> 、JR西日本 <9021> 、明治HD <2269> 、トヨタ <7203> 、ファーストリテ <9983> 、ソフトバンク <9984> も堅調

 半面、国際帝石 <1605> 、海洋掘削 <1606> など鉱業、SUMCO <3436> 、LIXILG <5938> など金属製品、旭硝子 <5201> 、太平洋セメ <5233> などガラス土石製品が値下がり率上位。個別では、前場引け後に15年3月期連結利益予想を下方修正した洋エンジ <6330> のほか、キャリアデザイン <2410> 、コロプラ <3668> 、ファインD <3649> などが東証1部値下がり率上位。新生銀行 <8303> 、富士通 <6702> 、日揮 <1963> 、東芝 <6502> 、ソニー <6758> なども軟調。

 なお、東証業種別株価指数は全33業種中、29業種が上昇した。

-------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2014/11/13(23:59)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。