元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ240件目 / 全1682件次へ »

セブン VS オイラの不思議

今日はオイラの休日だ。

 

近所にある医科歯科大の名医による診察の後、

鵠沼伏見稲荷に参拝してから、

モロボシダンの店にいった。

 

名物なハヤシライスを食べようと思った。

雑誌にも時折出てくるのだけど、マジでうまい。

オイラはいちばん高いものを注文したのだが、その味に間違いはない。

 

三島由起夫もおらず、村上春樹もない頃、

オイラは夢中になってTVのウルトラセブンを視てきた。

当時のオイラは、小学生以下だったのだから、作品の意義を知るわけもなかった。

それが、ちょっと前まで本人がオイラの前にいた。

 

シリーズは違うけれど、オイラはウルトラマンに出てきた「ジャミラ」そのものだ。

「人類によかれと思って開発に従事してきたけれども、政府に裏切られ、

 生きたまんま葬り去られた。これは、たとえ直接に殺されなかったとしても、

 結果的に間接的に、生きる屍としか存在できないという意味で、

 オイラはこの世へ十分に恨みを持ったまま死にきれない、ジャミラそのものだ」

 

モロボシダンのすごいところは、

そういったあらゆることを考慮して、来てくれたファンにサービスすると言うところだ。

 

正直、おいらの話なんぞは、地元で知らないわけがないのだけれども、

そんなことはお構いなしに、モロボシダンは公平にファンを扱う。

 

精神も肉体も、若いころの見る影もなく、

オイラの心はジャミラみたいに、人知れるわけもなく鵠沼の海に向かって吠えていた。

 

そのオイラの異様な姿を、彼は知らないふりをして、最大限の歓迎をしてくれた。

オイラは、それだけで嬉しい。

久しぶりに、感情を有した人間として扱われた想いだ。

 

ウルトラセブンは、オイラをジャミラではなく、人間として扱ってくれたんだ。

 

 

PS:オイラはいつも言っているように、神社で不思議な体験をしたことがある。

  今日も、ツーショット様なカメラがシャッターが降りなくなっていて故障した。

  ロックバンドのコンサートに行って、ドラムが鳴らずにトラブルになったこともある。

 

  第一に、悪事が割れる前から落雷で死んだ人たちがいたくらいだ。 

  (不動産・IT談合やってた、東大出の厚労省紐付きバカヤロウと、

  県職・狷介議員委員内にいたヤクザだよ) 

 

 

 

  神奈川県には、まだまだ霊能力が生きているとおう。

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2014/11/08(01:22)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。