収益性
50
活発度
59
人気度
53
収益量
50
投稿量
92
注目度
68

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ287件目 / 全1717件次へ »

シスタービクトリアとミステリアスなベトナム女性

9/24から9/25にかけて、いつものスペイン酒場。

 

スペインママは、北見修道院に赴いて、

シスタービクトリア(106歳)に会ってきたという。

もう一人の恩人シスター(96歳)が床に伏せっていて、

その面会へ行ったのだ。

 

スペインママの家族一同と、ふたりのシスターが映っている写真を見せてくれた。

オイラが手渡した月刊ムーの切り抜き記事も、ホントウに手渡してきたという。

これで少なくともスペイン修道院は、

バチカンが拵えたという、ルシファー信仰のだまし歌を歌うことはないだろう。

稲荷は、INRI=キリスト教という話を、地で行っているわけだ。

不思議。

 

その日はまた、ベトナム女性のミーが先客なのだった。

まだ幼い倅と高齢男性も、いつものように連れ添っていた。

この高齢男性は、ミーとは血縁がないらしいのだが、

ミーは日常の世話を焼いているのだという。

 

ミーは30代。旦那が今どうしているのかはわからない。

 

その上に不思議なのは、どういうわけか三浦しをんを知っているというのだ。

以前にも書いたのだけど、三浦しをんはホントウは英語がベラベラだという。

英語ができないとウィキペディアに書いてあることは、大嘘だという。

 

ミーは、ブティックを経営しているらしい。

そこで知り合ったというのだ。

年収2,000万円以上の顧客しかいない店だという。

 

ミーはホントウは女王様なのであって、

私のような人間がこういう平凡な店に来るのは、

バランスをとるためにそーしているのだと、のたまう。

 

こういう話を聞くと、普通の人はゲンナリするだろう。

オイラはもう付き合いができてしまって、すっかり馴れてしまっている。

 

嘘か現実かわからない話を聞きながらも、

ミステリーじみた展開に身を委ねながら、すっかり楽しんでしまっている。

 

三浦しをんについて訪ねようとすると、

顧客情報なのだからペラペラ喋るわけにはいかないという。

 

あー、それはもっともな話だねなどと、

オイラはそれ以上聞かないふりをする。

 

こういう態度をとったのには理由があって。

元CIAであるという、J・C・カールソンの書籍を参考にするまでもなく、

もう聞かないという態度が、相手の話したいという気持ちに拍車をかける。

結果、必要以上の話を聞くことができた。

 

ミーは三浦しをんのことを、別な名前で呼んでいた。

それを書いたら殺すと脅されているので、書けないのだけど。

 

PS:ミーが、何か歌ってほしいかというので、エゴラッピングをリクエストした。

   ところが、歌える自信がないので、かわりにオイラに英語の曲を歌えという。

   オイラにとっては定番となっている曲を4曲ほど披露すると、

   えらく気に入ってくれて、いつかオイラを食べてやると、のたまうのであった。

 

 

   かつて、そうなりそうになったブラジル人女性と、同じような心境に陥ったらしい。

   これは少しばかり、自信を持ってもイイのかもしれない。

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    三浦しをん
登録日時:2014/09/26(02:47)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。