ユリウスさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ592件目 / 全695件次へ »

碁のコミュニケーション力 -日米ロの碁打ちが塾に

285e6b54c 

 第29回世界アマチュア囲碁選手権のロシア代表のR氏が大会終了後西下し、ついでにTさんと一緒にいきいき塾に来て一泊した。ところが、天の配剤とはこんなことをいうのだろうか。かねてから「いきいき塾」に行きたいと希望のあったアメリカ在住のS氏(日本人)が、ちょうど京都にきていて、同じことなら一緒に碁を打ちましょうということになった。さらに、US碁コングレスで親交のある関西棋院の前田六段が大阪からの途中、S氏ご夫妻をピックアップして塾に同行できる段取りになり、翔年の知らないうちに、トントンことが運び、期せずして日米ロの碁打ちが塾に会して碁を楽しむことができた。


 これが何時も感じる、碁の不思議なコミュニケーション力。

 深夜の12時頃、3局目が終局した時、「ちょうど良い時間になった」とR氏。翔年はてっきりこれで寝るのかと思ったら、「もう一局打つには、ちょうど良い時間」の意味だった。4局目が終わったのはそれから2時間後、それほど囲碁好きのロシア人だった。名刺には職業はモスクワの囲碁スクールの先生とあった。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/06/05(22:38)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。