天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ688件目 / 全3537件次へ »

2014年8月28日(記録のみ)

日経平均 ; 15459.86 (-74.95)
TOPIX ; 1280.74 (-5.18)
JASDAQ指数; 2272.19 (+3.21、2日続伸)
マザーズ ;961.28 (-23.75)

本日も記録のみ。8月前半からの上昇も一服の感があり、一旦は調整ですかねえ。

-------------------------------

日経平均74円安、利益確定売りに反落、後場は動意薄=28日後場
8月28日(木)15時26分配信 モーニングスター

 28日後場の日経平均株価は前日比74円96銭安の1万5459円86銭と反落。朝方の利益確定売り一巡後は、動きの乏しい1日となった。特に後場に入ると様子見ムードが強まり、前場終値近辺でのもみ合いが続いた。午後2時すぎ以降にやや弱含み、株価指数先物売りに下げ幅を拡大したが、下値では押し目買いが入った。後場の値幅は38円にとどまった。東証1部の出来高は20億3049万株。売買代金は1兆6316億円。騰落銘柄数は値上がり717銘柄、値下がり957銘柄、変わらず144銘柄。

 市場からは「米国株の上昇と為替の円安基調が一服するとの見方から、一段と買い上がりづらく、利益確定売りが出やすいタイミングにある。短期的には上値が重い。あすは週末でポジションを軽くしたいとして、利益確定売りが出やすそうだ」(大手シンクタンク)との声が聞かれた。

 業種別では、新日鉄住金 <5401> 、日新製鋼 <5413> など鉄鋼、関西電 <9503> 、東北電 <9506> など電気ガス、ブリヂス <5108> 、住友ゴム <5110> などゴム製品が東証業種別株価指数で値下がり率上位。個別では、クレディ・スイス証券が投資判断を引き下げた東洋炭素 <5310> のほか、日本エンター <4829> 、芦森工 <3526> 、小森 <6349> などが東証1部値下がり率上位。パイオニア <6773> 、シチズンHD <7762> 、ファーストリテ <9983> 、ソフトバンク <9984> なども軟調。

 半面、塩野義薬 <4507> 、日新薬 <4516> など医薬品、JAL <9201> 、ANA <9202> など空運、日本紙 <3863> 、レンゴー <3941> などパルプ紙が値上がり率上位。個別では、生化学 <4548> 、建設技研 <9621> 、植木組 <1867> などが東証1部値上がり率上位。古河機金 <5715> 、日東電 <6988> 、NTT <9432> 、ソニー <6758> も堅調。

 なお、東証業種別株価指数は全33業種中、28業種が下落した。

 -------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2014/08/28(23:59)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。