収益性
52
活発度
0
人気度
50
収益量
50
投稿量
49
注目度
51

akkiiさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ3214件目 / 全3489件次へ »

ドル安となってましたが

69be36569 6ea639175 

ドル円は1ドル104円50銭。昨夜に比べれば円高なものの、日が変わったころに比べりゃ円安となっています。RSIやストキャスが70を超えているのでちょいと買い戻されすぎかな。
ユーロ円は1ユーロ162.40銭。じわじわ下げているものの、今のところ少し反発しています。
ユーロドルは1ユーロ1.554ドル。NYダウが下げ幅を縮小してドルが買い戻されています。
ポンド円は1ポン205円60銭。ちょっと下げ止まった様子。

豪ドル円は99円80銭。0時のころに比べればじわじわと高くなっています。
キウイ円は82円10銭。こちらも0時から回復中。

この為替の乱高下の原因を作った株式市場は・・・NYダウは大幅安。ISM製造業景況指数は49.6と市場予想を上回ったものの、英国の住宅問題の影響が大きく金融・住宅関連を中心に下落の展開。どうやらS&Pが大手金融機関を格下げしたのも下げ材料に・・・。

さて、そうやってドルや株がまごついている中、石油が上昇していますね。NY原油は1バレル127ドル。供給ひっ迫懸念を背景とした灯油高が市場を押し上げました。
金も急反発。原油高・ドル株安が買い要因となりました。期近は900ドル間近。白金も上昇。
穀物は続伸。大豆はドル安原油高のほかに、アルゼンチンでストが長期化する懸念から買われています。もろこしは作付けが減るんじゃないかという思惑から投機的な買いが・・・また投機的な買いか。

今日の株式・為替相場は一波乱起きてもおかしくはないですね。ここ最近高かったので、今日は休憩とでも思っておきましょう。ただ、乱高下の可能性もあるのでその辺は注意しておきましょう。商品相場は・・・海外は上げているものの、国内は円高。それがどう響くか。






↑クリックお願いします。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/06/03(05:36)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。